唾液を出し口臭を防ぐパタカラ運動

ホンマでっか!?で紹介

老けないカラダの新常識

 

医療評論家:おおたわ史絵によると

中年になるとキスをする時に躊躇するもの

躊躇の原因は口臭

 

●唾液は洗浄成分が多く口の中を殺菌し口臭を予防している

唾液がたくさん出る事は口内の衛生的にはいい状態

中年以降、唾液腺の分泌が低下し、乾き口臭がきつくなる

 

●唾液を出し口臭を防ぐパタカラ運動

「パ」「タ」「カ」「ラ」を、

口を大きく開けて反復して発音するだけ

「パパパパパパ…」「タタタタタタ…」

「カカカカカカ…」「ララララララ…」

「パタカラ パタカラ パタカラ…」と

続けると口の中に唾液が溜まってくる

唾液腺を刺激するだけでなく、口輪筋を鍛える効果もある

口が引き締まり乾くのを防ぐ (7857)

スポンサード リンク

1コメント - “唾液を出し口臭を防ぐパタカラ運動

  1. るるるる

    >口臭対策には疾病的要因もありますが、
    食生活をはじめとして生活習慣が重要です。
    下記のサイトでは細かく説明されているので参照にしてみるといいと思います。

    http://okanasou.zashiki.com/20140603.html

    返事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク