若い頃に肥満だと将来的に変形性ひざ関節症になりやすい

ひざ関節評論家:戸田佳孝のよると

●若い頃に肥満だと将来的に変形性ひざ関節症になりやすい

 

アメリカ ボストン大学の調査

 

37歳の時点で肥満の人は、

肥満でなかった人に比べて、

73歳のときに肥満でなくても2倍の確率で

ひざ関節症のリスクが高くなることが分かった

 

歳をとって肥満になるよりも若いときに肥満である方が、

ひざ関節症になるリスクが高い (126)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク