第一子は、股関節が硬い傾向がある

ひざ関節評論家:戸田義孝によると

●第一子は、股関節が硬い傾向がある

 

初めて妊娠した母の子宮は硬く、羊水が溜まりにくい

子宮の中で足が圧迫されて、股関節の軟骨が減り

動きが悪化する股関節形成不全が起こりやすい

 

一方、数回妊娠した母は、

子宮が膨らみやすく羊水が溜まりやすい

したがって弟や妹は、脚が圧迫されない

 

股関節形成不全は、乳児検診で発見された場合、治療可能

大人になって股関節が痛む場合、医師への相談が望ましい (516)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク