今 コンビニのビニール傘とタクシー業界で戦争が起こっている

流通評論家:渡辺広明によると

●今 コンビニのビニール傘とタクシー業界で戦争が起こっている

コンビニでは、年間5500万本のビニール傘が売られている

人口の43%が1年に1本購入している計算になる

25年前は、直径55㎝のビニール傘で300円

現在は、直径60㎝~65㎝のビニール傘で500円

ゲリラ豪雨や精密機器を持ち歩くことが増えたため、

傘が大きくなり値段が上がっていった

 

傘は8割くらいの人が、雨に濡れたくないから購入する

急場しのぎで買うため、値段が上がっても購入する

コンビニにとっては美味しい商品だったが、初めて値下げ局面に来ている

それは首都圏のタクシーの初乗り運賃が730円から410円に変更された

初めてコンビニの傘よりもタクシー代の方が安くなった

値上げするだけのビニール傘だったが、

いよいよ値下げしなくてはいけないかと考え始めている (100)

スポンサード リンク
スポンサード リンク