梅雨前線が通過するときに脳梗塞になる人が多い

疲労評論家:梶本修身によると

●梅雨前線が通過するときに脳梗塞になる人が多い

脳血管障害で入院した3935人を対象に調べると

温暖前線が通過した翌日に脳梗塞が多いことが分かった

脳梗塞は、気温、湿度、気圧の影響を受けやすい

梅雨時期は、梅雨前線の影響で温度変化が激しく、

気温の高い日は、蒸し暑くなりやすい

蒸し暑い日は、喉が渇いたと感じにくく、

脱水症状となり、結果として脳梗塞の原因となる

 

国立循環器病センターの発表によると

脳出血は冬に多く、脳梗塞は6月~8月がピーク

喉が渇かなくてもこまめに水分補給することで脳梗塞防止となる (167)

スポンサード リンク
スポンサード リンク