大阪出身の男性の不倫は、コストパフォーマンスを重視する

法律評論家:堀井亜生によると

●大阪の人は、弁護費用も値切る

大阪の人の相談を受けたので見積もりを出したら、

生まれて初めて値切られた

大阪の弁護士によると、根切交渉があることを

前提に見積もりをしないとダメだと教えられた

 

●大阪出身の男性の不倫は、コストパフォーマンスを重視する

特に印象的だった大阪出身の男性は、

使ったデート代とHの回数から1回当たりの単価を割り出していた

ケチではないが、より良く、より効率を求める

東京の男性の不倫は、使ったお金のことは話したがらない (54)

スポンサード リンク
スポンサード リンク