Category Archives: 女性・母親について

法律評論家:堀井亜生によると

●エリートの女性がキレやすいワケ

キレるにも色々あるが、このタイプは、キャパに余裕がない

エリートの人は、いい学校に入って、狭い世界で生きてきている

そんな女性が社会に出て、初めてできない人に出会う

できない人を見て、嫌がらせで、わざとやっていると思いやすい

このタイプは、キレ方も分からないので常軌を逸したキレ方をする

 

印象評論家:重太みゆきによると

●キレる女性は、キレモードの声を別に持っている

男性はキレても声を荒げるだけだが、

女性は声が高くなったり、低くなったり変化が生じる

●2種類の声を使い分ける女性は、キレやすい (438)

スポンサード リンク

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●おしどり夫婦の妻は、ある日 突然爆発しやすい

おしどり夫婦の妻は、内助の功、支えているイメージが強い

男性は怒りをコップごとに溜められるが、

女性は怒りを同じコップにひとまとめに溜めていく

一杯なるラインを男性は分からない

献身的な妻ほど、くだらないことで突然爆発してキレやすい

 

認知科学評論家:中野信子によると

そういうタイプの女性は、相手のことを愛しすぎる

献身さは相手のためではなく、献身的な自分の行為が気持ちいいだけ

●キレるおしどり夫婦の妻は、尽くすことが気持ちいい

オキシトシンが高いために起きる現象と考えられる

オキシトシン濃度が高くなると愛情も高まるが、

思い通りにならないことがあったときに、いきなり攻撃に転じることがある

思い通りになるまで攻撃し続け、常軌を逸した行動に出ることがある (202)

印象評論家:重太みゆきによると

●不倫する女性は、二面性を持っている人が多い

会社ではすごく真面目なOLなのに2人になるとセクシーに豹変したり、

日頃、ひとりじゃ生きていけない感じの弱々しいタイプの女性が、

突然相手の過程をボロボロにしてでも手に入れたいと思う強い女になったり、

二面性のある女性が、不倫をする人に多い

 

●女性は、男性の不倫モードにさせるスイッチを持っている

そのスイッチとは、ボーっとしている目

 

●男性が不倫モードになるボーっとした目の作り方

1、まぶたを上下に開く

2、開いた状態で目を閉じて、寄り目にする

3、10秒後、手を離して開けると不倫モードにさせる目になる

オキシトシンが高いために起きる現象

 

心理評論家:植木理恵によると

二面性がある人は、ストレスを溜めていたり、精神疾患を持っていて、

カウンセリングを受けに来る女性は、

いつも違う男性と一緒に連れ立って来る

●心が弱っている女性を男性は放っておけない (381)

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●20~30代の女性が今年の春から新しく始めようと思っていることのダントツ1位が浮気・不倫

 

1位:浮気・不倫:31%

2位:恋活:15.1%

3位:資格などの勉強:12.2%

4位:ダイエット:10.1%

 

去年から不倫に対して許せないなどネットで叩かれてきたが、

叩いていたのは主婦で、

独身の若い女性は浮気や不倫に興味を持っている

 

美肌評論家:森智恵子によると

●今 50代女性の不倫がアツい

相手は、20~30代の若い男性

安心して付き合える素敵な女性として50代女性がモテる傾向にある (142)

●不倫する女は、不倫遺伝子を持っている

オーストラリアの大学の研究

不倫をした女性の遺伝子を調べてみると、

アレギニンバソプレシンのR1Aに変異があったことが分かった

 

不倫をしている女性の多く見られる遺伝子を持っていると、

パートナーなど身近にいる人に対して親切な行動をとりにくい性質がある

●不倫遺伝子を持つ女性は、親切な行動をとりにくい

相手の気持ちを考えずに、

好きな行動をする女性は、不倫に走りやすい

 

最初は優しかったのに、浮気を繰り返すようになったのは、

最初は我慢をしていただけ

だんだん本性が表れてきただけのこと

●生まれつきの可能性が高く、浮気につける薬はない

 

男性の場合、この遺伝子の変異を持っているかどうかで不倫率は変わらなかった (234)

スポンサード リンク