Category Archives: 行動・心理について

心理評論家:植木理恵によると

デートでは、いろんな写真を撮るもの

 

後から一緒に撮った写真などの視覚情報から

当時の感覚や感情を思い出すよりも

一緒に聴いた音楽の方が、当時のことを深く思い出すことができる

 

●写真を撮るよりも音楽を聴く方が思い出に残る

写真などの視覚情報では当時のことを深くは思い出しづらい

当時 共有した音楽を聴くと記憶が鮮明によみがえりやすい (13)

スポンサード リンク

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●渋滞で運転中の彼氏に絶対に言ってはいけない一言

3位が、もう帰りたい:18%

2位が、疲れた:19%

1位が、まだ着かないの?:27%

 

教育評論家:尾木ママによると

ピースサインで写真を撮ると危険

●写真のピースサインから指紋情報が盗まれる

ピースした写真から生体情報が盗まれ、

悪用される危険性がある (30)

環境評論家:武田邦彦によると

バイクの運転している人よりも、

後部座席に乗っている人の方が恐怖心を感じやすい

運転している人は怖さを感じにくい

 

自ら行動している人と比べて、付き合いで行動している人は、

100倍くらい危険性の感じ方が大きい

 

なので

●キャンプで親が楽しみ過ぎると危険性が見えなくなる

付き合いで行動している親は、危険が見えやすい (9)

心理評論家:植木理恵によると

●人数8人以上で遠くの山や海に出かけたると事故のリスクが高まる

 

心理学ではリスキーシフトと呼ばれている

 

8人以上になると人は、急に心が大きくなる

集団で行う判断は個人で行う判断より、過激な結論になりやすい

大人数で出かけるとハイリスク ハイリターンを求める

 

事故を防ぐには、大人数の時は、慎重になった方が良い (10)

脳科学評論家:澤口俊之によると

味覚によって聴覚が変化する

●人は、しょっぱいものを食べると音が小さく聞こえる

映画館の大音量は、ポップコーンを食べると程よい音量に感じる

 

アゴを動かすことで前頭前野が活性し、集中力がアップする

 

心理評論家:植木理恵によると

●人は物を飲み込んでいる時に判断が甘くなる

ピーナッツを嚙みながら漫画を読むと評価に差を付けられない

何も食べずに漫画を読むと、きちんと評価できるようになる (35)

スポンサード リンク