Tag Archives: ウィスコンシン大学

生物学評論家:池田清彦によると

●夫の方が賢い夫婦は、離婚の危険性が高い

アメリカのウィスコンシン大学の研究

夫の方が賢い夫婦は、賢さが同じくらいの夫婦に比べて、

離婚率が3倍高いことが分かった

学歴や知能指数に差があると意見が合わない

暮らしうちに嫌になり、離婚率が増加する

 

妻の方が学歴が高い夫婦の場合、

夫は覚悟を持って結婚するので離婚率が少ない (154)

スポンサード リンク

潜在的に頭が良いか分かる診断

Q:1人でテレビを見ているとき、文句や独り言を言いますか?

A:よく言う B:あまり言わない

 

心理評論家:植木理恵によると

●テレビを見ながら独り言を言う人は、頭が良い

 

ウィスコンシン大学で長い期間 研究されている

言語IQと関係のある日常の動作は、独り言をよく言っている人

 

多くの人はテレビを見て、情報をインプットするだけ

独り言を言う人は、その情報を処理して

アウトプット(発言)できるので頭が良い

 

子供の時は、よく独り言を言うが、

文化的に親がその成長を潰してしまう

 

独り言を注意しないでいた方が、言語的IQが高い子に育ちやすい (4302)

ホンマでっか!?TVで紹介

 

●異常犯罪事件の犯人の心理

 

異常心理評論家:杉浦義典が解説

異常犯罪を起こしうる人格:サイコパシーの特徴

サイコパシーを持つ人間の特徴は

衝動的な感情ではなく自分の利益のために悪事に手を染める傾向がある

サイコパシーの特徴を持つアメリカの受刑者の割合は約15%~25%

 

●容姿が特別良くないのに何人もの男性をダマし殺害した事件

・特徴:どんな状況でも相手の喜ぶことが言える(口が上手い)

しかしコミュニケーション能力は微妙

・特徴:人の気持ちが分からない

心のこもらない言葉だけでコミュニケーションをせざる得ない

・特徴:どんなに嫌な時でも楽しそうに振る舞える(演技が上手い)

サイコパシーを持つ人は、突然気持ち悪い写真を見せても、

全く表情を変えずに話し続ける

他人を思うように操るために演技の上手さを用いる

どちらかと言えば、男性の方が多い

 

●何年にも渡って人間を監禁し、用が無くなれば殺した事件

・特徴:超俺様主義(超自己中心的)

犯人を取り調べた実例によると

「殺害した相手に対して心は痛んだりしないのか?」と問うと、

「俺の方が何日も拘束されて、ひどい目にあっているだろ!」

亡くなった被害者の命より、自分の自由がないことを重く見る

・特徴:自分の損得に対してのみ異様な集中力を発揮される

自分の損得が関わる時は集中していて周囲が気にならない

怒った声や泣き声を聞くと人間は本来、注意が向くのは普通

自分にとって利益にならない人間は、どんどん切り捨てる

バレるとヤバいと思うとあっさり殺害してしまう

 

●人を殺したのに目撃者として平然とテレビのインタビューに答えていた事件

通常逮捕されると凶悪犯でも顔を上着で隠すモノだが、

サイコパシーを持つ人は、逮捕されてもピースサイン

・特徴:不安を感じないから引き際が分からない

ウィスコンシン大学、サイコパシーの人にギャンブルをさせた実験

最初はやればやるほど儲かる仕組み、途中から

「数字が揃わなかったらペナルティが来るよ」とルールを変更

すると失敗を恐れ止めはじめるのが普通だが、

サイコパシーの人はより一層やり続ける

負けが積みだすと余計にやってしまう

逮捕直前なのにテレビ出演したがったり…

・特徴:罪悪感を全く感じない

サイコパシーを持つ人か分かる質問と回答

Q:自分の行動が道徳的か興味ありますか? A:ありません

・特徴:出所後、再犯を起こす可能性が高い

 

サイコパシーの特徴を持っているから殺人を起こすわけではない

殺人を犯す志向とサイコパシーの両方があると

凶悪事件を起こす可能性が高い

 

サイコパシーの傾向が高い大人になると

苦しみや不安を感じたないため、治療しづらい

●サイコパシーの傾向がある子供の兆候

目を合わせない+残酷な面がある

●子供の頃に治療・改善をする

サイコパシーの傾向が無くなりはしないが、その結果、

暴力を振るったり悪さをしなくなる

・きつい言葉は避け、善悪を教える

・他人の気持ち・心の中を考えさせる

・親が自分を愛してくれていると実感させる (2036)

スポンサード リンク