Tag Archives: ノルアドレナリン

統合医療評論家:亀井眞樹によると

緊張のあまり吐き気をもよおすのは、

緊張のストレスが嘔吐中枢を刺激するから

 

さらに緊張でノルアドレナリンが大量に分泌されるので

体温、血圧上昇、動悸、震えなどの症状が起こる

 

最近 分かってきたのが、

●極度の緊張下に置かれると肌のバリア機能が低下し、シミやシワなど老化の原因になる

 

精神医学評論家:岡田尊司によると

完璧主義や体裁を気にする人は、あがり症になりやすい (130)

スポンサード リンク

運動生理学評論家:谷本道哉によると

●脂肪を落とすには 朝の運動、筋肉をつけるには 夜の運動

 

夕方から夜にかけて体温が高い筋力も強く出る

筋トレで力が出やすいのは夕方~夜

筋肉に強い負荷をかけられ効果的

 

運動するとノルアドレナリンや成長ホルモンが分泌され、

その後、結構長い時間 脂肪の分解が進む

 

普段は、脂肪を使う割合は、全エネルギーの半分

朝1時間 運動すると脂肪を使う割合が80%に上昇

約6時間の効果が続く (278)

スポンサード リンク