Tag Archives: 不倫

印象評論家:重太みゆきによると

●不倫する女性は、二面性を持っている人が多い

会社ではすごく真面目なOLなのに2人になるとセクシーに豹変したり、

日頃、ひとりじゃ生きていけない感じの弱々しいタイプの女性が、

突然相手の過程をボロボロにしてでも手に入れたいと思う強い女になったり、

二面性のある女性が、不倫をする人に多い

 

●女性は、男性の不倫モードにさせるスイッチを持っている

そのスイッチとは、ボーっとしている目

 

●男性が不倫モードになるボーっとした目の作り方

1、まぶたを上下に開く

2、開いた状態で目を閉じて、寄り目にする

3、10秒後、手を離して開けると不倫モードにさせる目になる

オキシトシンが高いために起きる現象

 

心理評論家:植木理恵によると

二面性がある人は、ストレスを溜めていたり、精神疾患を持っていて、

カウンセリングを受けに来る女性は、

いつも違う男性と一緒に連れ立って来る

●心が弱っている女性を男性は放っておけない (386)

スポンサード リンク

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●20~30代の女性が今年の春から新しく始めようと思っていることのダントツ1位が浮気・不倫

 

1位:浮気・不倫:31%

2位:恋活:15.1%

3位:資格などの勉強:12.2%

4位:ダイエット:10.1%

 

去年から不倫に対して許せないなどネットで叩かれてきたが、

叩いていたのは主婦で、

独身の若い女性は浮気や不倫に興味を持っている

 

美肌評論家:森智恵子によると

●今 50代女性の不倫がアツい

相手は、20~30代の若い男性

安心して付き合える素敵な女性として50代女性がモテる傾向にある (146)

法律評論家:堀井亜生によると

部屋の出入りやホテルの出入りを撮られたら、

中で肉体関係を持っていようが、待っていまいが、裁判では負ける

●肉体関係の有無に関係なくホテルに入る証拠があれば裁判で負ける

2人で部屋に入り、何もしてない訳ないが、裁判官の思う男女関係

 

●女性は不倫だとしても好きな気持ちを隠さない

不倫の話をしたがるのは、女性の方

自分に女として需要があることを言いたい為に不倫を友達に喋る (103)

●不倫する女は、不倫遺伝子を持っている

オーストラリアの大学の研究

不倫をした女性の遺伝子を調べてみると、

アレギニンバソプレシンのR1Aに変異があったことが分かった

 

不倫をしている女性の多く見られる遺伝子を持っていると、

パートナーなど身近にいる人に対して親切な行動をとりにくい性質がある

●不倫遺伝子を持つ女性は、親切な行動をとりにくい

相手の気持ちを考えずに、

好きな行動をする女性は、不倫に走りやすい

 

最初は優しかったのに、浮気を繰り返すようになったのは、

最初は我慢をしていただけ

だんだん本性が表れてきただけのこと

●生まれつきの可能性が高く、浮気につける薬はない

 

男性の場合、この遺伝子の変異を持っているかどうかで不倫率は変わらなかった (242)

法律評論家:堀井亜生によると

●大阪の人は、弁護費用も値切る

大阪の人の相談を受けたので見積もりを出したら、

生まれて初めて値切られた

大阪の弁護士によると、根切交渉があることを

前提に見積もりをしないとダメだと教えられた

 

●大阪出身の男性の不倫は、コストパフォーマンスを重視する

特に印象的だった大阪出身の男性は、

使ったデート代とHの回数から1回当たりの単価を割り出していた

ケチではないが、より良く、より効率を求める

東京の男性の不倫は、使ったお金のことは話したがらない (47)

スポンサード リンク