Tag Archives: 脂肪

認知科学評論家:中野信子によると

●脂肪が女性ホルモンを出す

過度なダイエットをすると女性ホルモンが減少する

 

少し太った方が、肌が若々しくなる

女性ホルモンが増えると髪の量も増える

 

●ストレスが少ない人ほど肌がきれい

肌は露出した脳、と表現する人もいる

受精卵からの発達を見ると

神経と皮膚は同じ部分から形成される (298)

スポンサード リンク

運動生理学評論家:谷本道哉によると

●脂肪を落とすには 朝の運動、筋肉をつけるには 夜の運動

 

夕方から夜にかけて体温が高い筋力も強く出る

筋トレで力が出やすいのは夕方~夜

筋肉に強い負荷をかけられ効果的

 

運動するとノルアドレナリンや成長ホルモンが分泌され、

その後、結構長い時間 脂肪の分解が進む

 

普段は、脂肪を使う割合は、全エネルギーの半分

朝1時間 運動すると脂肪を使う割合が80%に上昇

約6時間の効果が続く (270)

ホンマでっか!?で紹介

 

唐辛子評論家:渡辺達夫によると

 

チリパウダーは唐辛子が主成分

唐辛子は燃焼系のスパイスで食べると内臓脂肪がつきにくい

 

唐辛子が一杯入った食事の後に、

普通の食事を満腹になるまで食べさせると食べる量が減る

 

実験の結果では減少量は5%ほど

●唐辛子料理を食べた後、次の食事の摂取量が減る

 

さらに唐辛子1gを入れたトマトジュースを飲んだ後に、

普通の食事を食べると食べる量が15%も減少した

 

理由は良く分かっていない (516)

ホンマでっか!?TVで紹介

得する家事の新常識

 

食物学評論家:佐藤秀美によると

●子供の野菜嫌いに効果的な調理法はベーコンスープ

ベーコンスープで嫌いな野菜を煮てしまう方法

甘味、酸味、苦味、塩味、うま味の5つの基本味がある

うち腐った物の酸味と毒物の苦味を

本能的に拒否するようになっている

 

●酸味、苦味を嫌うのは腐敗物や毒物を避ける本能

子供が苦い野菜を嫌がるのは当然

苦み成分は野菜の細胞内にあるので

スープで煮ると溶け出し薄まる

 

認知科学評論家:中野信子によると

●脂肪・うま味を食べた時に脳の快感はコカイン並み

カナダの調査では、恋人よりベーコンが好きな人は1/4もいる (356)

ホンマでっか!?TVで紹介

梅雨の危ない習慣

 

イギリスの新聞デイリーメールに掲載

 

●雨の日はダイエットしても痩せにくい

 

脂肪細胞からレプチンが分泌し、脳に働きかけ食欲を抑える

 

レプチン分泌はビタミンDが必要で、日光を浴びる事で生成する

 

●太った人はビタミンDが少なく食欲が減りにくい

 

肥満の人は普通の人に比べ、ビタミンDの生産力が1/10程度しかない

 

雨の日は特に一般体型の人より太った人は効果が低い (226)

スポンサード リンク