Tag Archives: 腰痛

心理評論家:植木理恵によると

腰痛になる人の性格傾向は分かっている

 

それは、

●人のために生きてきた人が、腰痛になりやすい

人を励まして、人に元気を与えて、明るさをもたらすような生き方

 

イギリスのリーズ大学が1100人の65歳を対象に調査

人にエネルギーを与えるのは、腰に負担をかけてしまっている

 

●私を助けてという生き方をしている人は、腰痛になりにくい (378)

スポンサード リンク

疲労評論家:梶本修身によると

●温泉に入っても腰痛が治るとは限らない

温泉の効能には源泉、泉質の他に適応症が書かれている

適応症には、一般的適応症と泉質別の適応症がある

腰痛は、一般的適応症に含まれる

 

一般的適応症の取得許可条件は、湯の温度が25℃以上のみ

25℃以上なら、成分が入っていなくても一般的適応症の許可が取れる

 

なので腰痛に効く成分が入っていないくても効能に書けてしまう

 

温泉に入ってセロトニンが分泌され、気分的に痛みが和らぐことはある (60)

脳科学評論家:澤口俊之によると

●好きな人の写真を見るだけで腰痛の痛みが和らぐ

脳の方集計を活性化させる行動により、

痛みを和らげる効果がある

 

●幸福になることが、腰痛の治療になる

幸福になることの第一条件は、女性であること

男性は、幸福感とは無縁

 

●肥満は、うつになりやすい (208)

統合医療評論家:亀井眞樹によると

●日本人の5人に4人は、一生に一度 腰痛を経験している

一度よくなっても、また次にいつ来るか分からないのが厄介

 

●脳の絵を眺めるだけで慢性の腰痛が改善する

腰痛に関係する脳領域に色を塗った脳の絵

腰の痛みがヒドイ時に、

色を塗った部分が大きくなっているイメージで脳の絵を眺める

痛みを我慢しながら、

大きくなった色の部分を小さくなるようにイメージする

4週間~6週間で痛みがなくなる時間が増え、4か月で腰痛が、ほぼ改善される

 

脳の絵は、自分で模写した物でも構わない

 

アメリカの疼痛学会の重鎮 マイケル・モスコビッチさんが開発

最初は腰の痛みが原因だが、脳が痛みを忘れずに、

自分の身体に投影し、痛い部分を勝手に作り上げることが分かっている

腰の痛みを感じる神経活動度は、最初は5%ほどだが、

慢性化すると15%以上に上昇する (2184)

環境評論家:武田邦彦によると

●春は腰痛、肩こりになりやすい

 

新しい環境での生活が始まり、精神的負担がその原因

新しいことが同時に起こると、

いつも物事を同時に考え、神経伝達物質が不足気味になる

しかし社会人であれば対策をうつ必要がある

楽しい予定を2周に1回くらい入れれば、春のストレスは無くなる

 

医師によると気の合う人と楽しく過ごすことでストレスが減少する (198)

スポンサード リンク