Tag Archives: 遺伝子

生物学評論家:池田清彦によると

人間が感じることができる色は、3色だけ

色を感じる遺伝子が、緑、青、赤の3色しかない

 

●人間は緑、青、赤の組み合わせで色んな色を認識している

 

猫は2色、鳥は4色、

トンボは15~33種類の色を感じることができる

 

人間でも4種類の色を感じる遺伝子を持つ人が存在することが分かった (64)

スポンサード リンク

●不倫する女は、不倫遺伝子を持っている

オーストラリアの大学の研究

不倫をした女性の遺伝子を調べてみると、

アレギニンバソプレシンのR1Aに変異があったことが分かった

 

不倫をしている女性の多く見られる遺伝子を持っていると、

パートナーなど身近にいる人に対して親切な行動をとりにくい性質がある

●不倫遺伝子を持つ女性は、親切な行動をとりにくい

相手の気持ちを考えずに、

好きな行動をする女性は、不倫に走りやすい

 

最初は優しかったのに、浮気を繰り返すようになったのは、

最初は我慢をしていただけ

だんだん本性が表れてきただけのこと

●生まれつきの可能性が高く、浮気につける薬はない

 

男性の場合、この遺伝子の変異を持っているかどうかで不倫率は変わらなかった (278)

脳科学評論家:澤口俊之によると

友達のネットワークは、遺伝子ネットワークと言われている

遺伝子的に近い人が友達になりやすい

●話しやすい人間は、遺伝子的に相性が良い

話が合わない人と無理に話す必要はない

 

●社会的なコミュニケーション能力は、ピアノの練習で上がる

ピアノを習うと人を説得するなどの

高度な社会的なコミュニケーション能力が向上する

 

12歳を対象にした研究では、言語に関係する神経回路が

約5倍も太くなったことが分かった (321)

遺伝学評論家:小林武彦によると

オリンピックレベルまで行くと遺伝的要素はかなり大きい

●短距離走が得意な人には、スプリンター遺伝子が多い

スプリンター遺伝子を持つ人は、日本人の2~3割と少なく、

中南米、アフリカ人が多く持っている

 

教育評論家:尾木ママによると

●世界で活躍する選手には、共通する家庭環境がある

1、夫婦の仲が良い

2、家族で一緒に食事をする

3、子供の自己決定権を尊重

世界で活躍するスポーツ選手には、家庭環境が似ている部分がある (391)

●子供の頭の良さは、父親ではなく母親から受け継がれる

1万2000人以上の子供のIQを調査した結果、

子供のIOは母親に似ていることが分かった

X染色体の上に知能に関係する遺伝子が書かれている

それは母親から遺伝したX染色体しか発現しない

男子のX染色体は、全て母親から受け継がれている

なので男子の方が、母親の知性の影響を

受けやすいのではないかと考えられる

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

子供の学業成績両親の頭の良さの関係は、

1位、父親:頭が良い 母親:頭が良い

2位、父親:頭が悪い 母親:頭が良い

3位、父親:頭が良い 母親:頭が悪い

4位、父親:頭が悪い 母親:頭が悪い

 

●政治家になりやすい遺伝子は、すでに見つかっている

政治家などリーダーシップをとる資質を持つ遺伝子があることが判明した

企業家や人気者になりやすい遺伝子も、見つかっている (3001)

スポンサード リンク