就寝中、何度もトイレに行く人は心臓病の可能性が高い

ホンマでっか!?TVで紹介

見落としがちな病気の兆候

心臓評論家:渡邊剛によると

タバコ、ストレス、塩分・脂肪分の多い食事は心疾患になり易い

●就寝中、何度もトイレに行く人は心臓病の可能性が高い

男性の場合は前立腺肥大により残尿、頻尿となり夜中に何度もトイレに行く

女性の場合は過活動膀胱によりトイレに頻繁に行くことが多い

心臓病が原因でのトイレ回数の増加は重症の可能性が高い

立っていると重力の法則で心臓に血液が戻りづらい

夜横になると心臓と体が平行になるので

血液が心臓に戻りやすくなり、心臓が大きくなる

夜寝ている時は脳からホルモンが出ていて尿を溜まりにくくしている

心臓が弱い人は腎臓に血液が回り尿を作り出してしまう

(194)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク