無意識に起きて食べる睡眠関連摂食障害

ホンマでっか!?TVで紹介

統合医療評論家:亀井眞樹による現代病

●ダイエットのし過ぎが引き金になる睡眠関連摂食障害

睡眠中 無意識に起きて過剰に食べたり飲んだりする

本人は飲食した記憶が全くない

 

・原因

無理なダイエット、生活リズムの乱れ、寝不足など

満たされない食欲+睡眠の問題

大学の大学生200人を調査したところ4.6%が該当した

男性の6~8倍、女性の方が多い

 

・こんなものまで食べてしまう

糖質や脂質など高カロリーなモノが多い

普段アレルギーなどで食べられないモノも食べてしまう

ペットフードや卵の殻など食用でないモノ

タバコや台所の洗剤など毒性のあるモノ

 

・無意識にこんな行動も…

無意識のままコンビニに買い出し

無意識のまま調理して食べる

台所や冷蔵庫に鍵をかけても開錠して食べる

無意識での接触が原因で肥満、糖尿病、高血圧に

そのうち奇異な行動が自分で分かってくるが、

抑えらず、うつ状態になる場合も

 

・睡眠の質の改善をする予防法

無理なダイエットをしないことが大事

1、前頭部を冷やすと体温が下がり、代謝が下がり、眠りやすくなる

2、寝る15分前に、自分が感謝している事を書き出す

(767)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク