新しく開発された糖尿病の薬は、将来 抗肥満薬になる

分子技術評論家:山本尚によると

糖尿病患者の尿は、甘い

糖が体外に出るということは、減量には良い

 

通常、血液の糖は、腎臓を通過した後、

尿細管の血液から再吸収される

 

その再吸収をストップさせることができれば、

糖尿病の薬になると、

アメリカの製薬い会社のチームが発見した

 

●新しく開発された糖尿病の薬は、将来 抗肥満薬になる

糖が尿として排出されるので体重が自然と減量できる (183)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク