幼少期からいびきをかく子は、思春期以降に問題行動を起こす

脳科学評論家:澤口俊之によると

幼少期からいびきをかく子は、

思春期以降に問題行動を起こす可能性が高いことが分かっている

 

いびきは、侮れない

いびきが続くと脳の神経細胞が死滅する

高齢者の場合、認知症のリスクになる

 

心理評論家:植木理恵によると

短い睡眠の時、無呼吸症候群ではない20代を対象にした実験では、

「僕はいびきをかくんです」の宣言して寝ると、

いびきの確率が下がることが分かった

コンプレックスを宣言することでリラックスするため

 

例えば、「僕は計算が遅いんだ」「僕は掃除が下手なんだ」

と弱点を宣言して周りの人に了承を得てもらった方が、

心がリラックスして結果的にできるようになる (0)

スポンサード リンク
スポンサード リンク