日々天気を気にする人の方が、精神的に病むことが少ない

心理評論家:植木理恵によると

心の健康度指標は、天気を気にするか、気にしないかが重要と言われている

 

常に天気と湿度を言えるような人は、

ナーバスで神経質に見えるが、うつ病のリスクは低い

 

●日々天気を気にする人の方が、精神的に病むことが少ない

 

明日の午前中は降水確率20%で夕方に少し止んで夜は晴れるらしいよ、

と天気を気にする人と、全く天気を気にしない人がいる

 

いつも天気を気にする人は、備えて立ち向かう心がある

 

天気を全く気にしない人は、不測の事態を考えたくない、心に余裕がない人が多い (0)

スポンサード リンク
スポンサード リンク