どんな血液型にも輸血ができる黄金の血を持つ人が、世界に43人いる

疲労評論家:梶本修身によると

●どんな血液型にも輸血ができる黄金の血を持つ人が、世界に43人いる

その中で日本人は、1人だけ確認されている

 

血液型の違いは、赤血球の抗原の種類の違い

抗原の種類が違うと輸血することができない

RH抗原は、人類のほとんどが持っているが、

世界で43人だけRH抗原を持っていない人が存在する

一切の抗原を持っていないため、誰にでも輸血ができる

過去50年間で確認されたのが43人

 

その中で輸血に応じてくれた人が、6人だけ

そのうちの一人が日本人だった

しかしこの6人は、他の人から一切輸血できない

(25)

スポンサード リンク
スポンサード リンク