Category Archives: ●法律評論家:堀井亜生

男性に嫌われる女性診断

 

Q:彼に誕生日を忘れられた時に自分から言う?

A:言う B:言わない

 

法律評論家:堀井亞生によると

●男性から嫌われない女性は、誕生日を忘れているよと自分から言う

 

忘れられたことを言わない女性は、

嫌なことがあった時に溜め込むタイプ

 

嫌なことがあるのにはっきり言わないで

不機嫌になっている方が男性は嫌がる

 

忘れることは仕方がない、嫌な気持ちを言ってあげるほうが、

男性としては気持ちが楽になる (142)

スポンサード リンク

法律評論家:堀井亜生によると

●エリートの女性がキレやすいワケ

キレるにも色々あるが、このタイプは、キャパに余裕がない

エリートの人は、いい学校に入って、狭い世界で生きてきている

そんな女性が社会に出て、初めてできない人に出会う

できない人を見て、嫌がらせで、わざとやっていると思いやすい

このタイプは、キレ方も分からないので常軌を逸したキレ方をする

 

印象評論家:重太みゆきによると

●キレる女性は、キレモードの声を別に持っている

男性はキレても声を荒げるだけだが、

女性は声が高くなったり、低くなったり変化が生じる

●2種類の声を使い分ける女性は、キレやすい (534)

法律評論家:堀井亜生によると

部屋の出入りやホテルの出入りを撮られたら、

中で肉体関係を持っていようが、待っていまいが、裁判では負ける

●肉体関係の有無に関係なくホテルに入る証拠があれば裁判で負ける

2人で部屋に入り、何もしてない訳ないが、裁判官の思う男女関係

 

●女性は不倫だとしても好きな気持ちを隠さない

不倫の話をしたがるのは、女性の方

自分に女として需要があることを言いたい為に不倫を友達に喋る (122)

法律評論家:堀井亜生によると

●大阪の人は、弁護費用も値切る

大阪の人の相談を受けたので見積もりを出したら、

生まれて初めて値切られた

大阪の弁護士によると、根切交渉があることを

前提に見積もりをしないとダメだと教えられた

 

●大阪出身の男性の不倫は、コストパフォーマンスを重視する

特に印象的だった大阪出身の男性は、

使ったデート代とHの回数から1回当たりの単価を割り出していた

ケチではないが、より良く、より効率を求める

東京の男性の不倫は、使ったお金のことは話したがらない (59)

法律評論家:堀井亜生によると

仕事がら、夫が浮気しているかどうかの相談されることが多い

 

携帯を枕元に置いているなどの行動パターンよりも、

一番見たいのは直近の写真を持ってきてくださいと言う

 

その写真を見て、最終的に探偵をつけるかどうかのGOサインを出している

 

●清潔感があり優しそうな顔をしている男性は、浮気している可能性が高い

女性は、イケメンでも怖そうな男性には、応じない (188)

スポンサード リンク