Category Archives: 生活・習慣・環境・住宅について

AI・IoT評論家:伊本貴士によると

ロボット掃除機の機能が向上し続けているが、

●ロボット掃除機がペットの排せつ物を床に塗りつける事件が多発

飼い犬を小屋に移すのを忘れ、帰宅すると部屋中の床がうんちまみれに

メーカー側は、このトラブルに対応する機能を検討している

 

鍵がなくても家に入れる指紋認証キーが増えてきたが、

●指紋認証キーの電池切れで家に入れなくなるケースが発生

半年、1年で電池切れになることがある

あまり電池切れにならないので、気づいた時には家に入れなくなる

その場合は、コンビニで9V電池を購入し、非常用電池端子に接触すれば解決する (2)

スポンサード リンク

心理評論家:植木理恵によると

心の健康度指標は、天気を気にするか、気にしないかが重要と言われている

 

常に天気と湿度を言えるような人は、

ナーバスで神経質に見えるが、うつ病のリスクは低い

 

●日々天気を気にする人の方が、精神的に病むことが少ない

 

明日の午前中は降水確率20%で夕方に少し止んで夜は晴れるらしいよ、

と天気を気にする人と、全く天気を気にしない人がいる

 

いつも天気を気にする人は、備えて立ち向かう心がある

 

天気を全く気にしない人は、不測の事態を考えたくない、心に余裕がない人が多い (88)

節約評論家:和田由貴によると

水の溜まるところにはボウフラがわく

池や沼だけでなく、小さな水たまりにも発生する

 

それを防ぐために、10円玉を使う

●ボウフラがわきやすい小さな水たまりには、10円玉を沈める

10円玉は、銅でできている

10円玉を水に浸けておくだけで銅イオンが溶け出し、

ボウフラが生育できない環境になる

植木鉢の鉢底やベランダの排水溝に10円玉が有効

 

また10円玉は、

●台所のシンクに置いておくだけで、ぬめりがつきにくくなる (11)

東京防災評論家:土屋信行によると

●ゲリラ豪雨で危険なのは、昔 川だった場所

 

都内では1400㎞にも及ぶ昔川だったところが

下水化、暗渠化されている

 

例えば、千川通りなど川の名がついている通りなど

 

普段生活しているとき、全く川だと意識がない

そのような場所には、大量の降雨で道路が川状態に、

さらに家も水没しやすい (8)

雨防災評論家:山田正によると

突発的に起こる局地的大雨や雷は、東京都を含む首都圏に多く発生する

東京でゲリラ豪雨ができることは、意外と少ない

●周辺の雨雲が東京に来てゲリラ豪雨に変化する

都心は、ヒートアイランドで温かい空気が上昇

上空にミニ低気圧ができて、周辺の雨雲を吸い込んでしまう

 

●ヒートアイランドが、東京のゲリラ豪雨の原因

田舎より都心部の方が、ゲリラ豪雨は激しくなりやすい

台風は、山側に激しい雨を降らすが、

ゲリラ豪雨は都心部に激しい雨を降らす

 

●ゲリラ豪雨は大きな川より、小さい川の方が危険

都心を流れる小さい川の方が、ゲリラ豪雨に弱い (10)

スポンサード リンク