Category Archives: 男性・父親について

法律評論家:堀井亜生によると

恋愛において男性をマインドコントロールかけるには、

僕じゃなきゃ救えない状況に持ち込む

 

●「頼る人がいない」で男はマインドコントロールされる

自分が頼られている状況に男性はくすぐられる

 

よくあるのが、実家が貧しいので仕送りしたい、

芸術の道に進むので楽器代が欲しい、

バイトができないから生活費が欲しい は、

夜の仕事でお金を貰う時に使うセリフ

 

そんな女性に上手く騙されてお金を取り返したい男性の相談が多い (203)

スポンサード リンク

教育評論家:尾木ママによると

●男子校出身者は65歳以下で死ぬ確率が高い

2010年のハーバード大学の調査

寿命に影響を与える決定的な要因は、

喫煙、お酒、他社とのつながり

 

男子校出身者は全体的に他社とのつながりが薄い

他社とのつながりが薄いと寿命を縮める

 

有名女子・男子校評論家:矢野耕平によると

●共学出身者より男子校出身者の方が、圧倒的にビジネスチャンスをつかみやすい

社会に出た後、男子校の方が

同じ学校出身という繋がりだけで会が組まれたりする

東大合格者を何人も出す開成には、

開成会が何十、何百と存在している

それは職業別、地域別に会合が開かれ、

そこでチャンスをつかみやすい

 

(234)

ホンマでっか!?TVで紹介

ダメ男の見抜き方

 

印象評論家:重太みゆきによると

●行きつけ店で「いつもの」と言う男性は束縛芯が強い

自分の行動を女性にも分かっててほしい

ファッションやセンスも全て理解して、いつも通りにしてほしい

それが出来て当たり前と

自分の行動を相手に押し付ける束縛芯が強い

 

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●ペットを飼うとナルシズムが改善する

自分以外の愛着を持てる物(ペット)に

愛情を注ぐと改善できる可能性がある (502)

ホンマでっか!?TVで紹介

ダメ男の見抜き方

 

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●SNSに自撮り写真を上げる男は付き合うと豹変する

オハイオ州立大学が18歳から40歳までの800人の男性を調査

自撮り写真は、ナルシスト傾向が強いか?どうかが分かる

SNSの自撮り写真の投稿と性格の関係性を調査したところ、

ナルシストばかりが、饒舌だが平気で嘘をつき、

他人に共感せずに自分の主張ばかり、

酷くなるとサイコパス傾向の強い男性も多く含まれていた

 

異常心理評論家:杉浦義典によると

他人が見ている時だけ善人ぶる男はサイコパスの可能性

●SNSの自撮り写真を加工する人はナルシスト

ナルシストがSNSを使用すると、その性格が伝わるため、コメント数が少ない

 

生物学評論家:池田清彦によると

●5歳以内の弟か妹がいる男は、母乳フェチになりやすい

母親を必要とする幼い時に、弟か妹に母親を奪われてしまう

その時のトラウマが大人になると顕在化し、母乳フェチになってしまう (1079)

ホンマでっか!?TVで紹介

ダメ男の見抜き方

 

教育評論家:尾木ママによると

●世話好きな男性は、モラハラ男になりやすい

世話好きな人は、世話して感謝される事に喜びを感じる

相手を思いやって世話しているよりも、

自分の存在を相手に示したい、認めさせたい気持ちがある

 

●離婚原因の25%が、夫のモラハラ

「常識を知らない」が常套手段

すると52%の女性が相手が怒るのを自分の責任と感じ、

精神的に追い詰められていく

モラハラは魂の殺人と言う

 

●モラハラ予備軍チェック

1、価値観が違う人を理解できない

2、他人の成功話を嫌がる

3、疑い深い

4、店員、後輩にエラそう

5、周囲に自分のやり方を押し付ける

6、素直になれない

7、反対意見に怒る

8、自分に不利だと人のせいにする

9、趣味やストレス発散法が無い

10、相談できる友達がいない

 

7つ以上でモラハラ予備軍、3つ以下で心配ない

 

●モラハラ男の特徴は仕事が出来る

 

法律評論家:堀井亜生によると

●ロン毛の男性はモラハラ男の傾向がある

髪型に固執する男性はナルシスト

ナルシストの人は優位に立ちたい

周りに弱者を選択する傾向がある

 

●モラハラ夫は離婚の時、裁判になる可能性が高い

相手が理解してくれないと主張し、話し合いがまとまらない 認知科学評論家:中野信子によると

●友達の少ない男は、嫉妬からモラハラしやすくなる

友達が少ない男性は、人を信用できず人間関係を保ちづらい

恋愛関係でも相手を信用できず束縛しやすい (6629)

スポンサード リンク