男性・父親について」カテゴリーアーカイブ

心理評論家:植木理恵によると

●日本人男性は、縦社会の方が、力を発揮しやすいことが分かっている

欧米では、年齢関係なく実力と合理性を追求している

日本でもそれを取り入れたが、上手くいかない

日本の男性は、平等性よりも年功に応じて

先輩に頼る、恩義、気遣う術があった方が仕事をやりやすい

日本人男性は縦社会が向いていることが分かった

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●縦社会で ずっと一番下だと早死にしやすい

中高年以降でも縦社会の底辺にいると死亡率が高い

 

辛さは、味覚ではなく痛み

●辛い食べ物が好きな人ほど、ボスになりやすい

辛いモノが好きな人は、男性ホルモンが多く、公正さを求めるため、リーダー向き

(105)

スポンサード リンク

心理評論家:植木理恵によると

●バストの小さい女性は、高収入の男性に好かれやすい

低収入より高収入の男性は、バストの大きい女性より

小さい女性を好むことが分かっている

イギリスで、男性が母性を重視しているかを

バストの大きさに焦点を当てて実験した

すると収入の多さとバストの好みに大きな関係があった

その関係の理由を調査するために、

大学生を対象に空腹時と満腹時を実験

すると空腹時は大きなバストを選び、

満腹時は小さなバストを選びがちであることが分かった

●満腹時、男性は小さなバストの女性を好む

 

満たされたい気分→大きいバスト

可愛がりたい気分→小さいバスト

 

●男性はその時の心理状態で女性の好みが変わる

女性に母性性を求めるのか?可愛らしさを求めるのか?は男性の気分で変動する

(160)

法律評論家:堀井亜生によると

モラハラ系の人は、自分がしっかりしている分、

相手にイライラして喧嘩に発展しがち

 

●モラハラ系の男性は、おっとりした女性と結婚することが多い

またモラハラ系の夫の家庭は、子供が多い傾向がある

 

モラハラ系の男性は正義感が強く、

間違っていることが許せない

正義感強いので正しいことを正しく言ってしまうため、

実社会では上手くいかず、孤独を感じ、

家族にぬくもりを求め、大事にする傾向がある

(181)

最新ライフスタイル評論家:くどうみやこによると

ある保険会社が行った恋愛に関する都道府県別の意識調査によると

恋愛の相手に求めるものの問いに対し、

内面の良さを重視しているのが、全国で徳島県が1位だった

●徳島県の男性は、日本で最も相手の内面の良さを重視する

 

逆に外見を重視する1位は、新潟県だった

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

都会よりも田舎の方が、異性の魅力に対し、

身体的魅力性を重視しなくなる傾向がある

都会には人が多く、比較されやすためと考えられている

(187)

良いパパ、ダメパパ診断

 

Q:妻の料理が美味しくなかった時、どう言う?

A:無理して美味しいと言う B:正直に美味しくないと言う

 

●妻の美味しくない料理に美味しくないと言う方が、良いパパ

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

不味いものは不味いとはっきり言ったほうが良い

父親のウソを子供はすぐに見抜く

父親がウソをつくなら自分もウソをついてよいと思うもの

 

妻の顔色をうかがわない忖度しないパパは、子供の将来に良い影響与える

(242)

スポンサード リンク