育児・教育について」カテゴリーアーカイブ

心理評論家:植木理恵によると

●おまじない、迷信をよく言う家庭の子供の性格は、陽気でおおらかになる

理由はわからないけど、

お母さんの言うことを素直に受け入れるのが習慣になる

 

●親から聞いた迷信は、記憶に残りやすい

 

逆に科学的な根拠がないことを子供に言うのは嫌な家庭もある

そんな家庭の子供は、学歴が高い傾向がある

根拠を調べてから話す家庭なので子供の学歴に影響する

(55)

スポンサード リンク

心理評論家:植木理恵によると

人は、機械的な音声に興味を持たない

例えば、「火事です。避難してください」

の機械的な音声に反応して避難行動を起こす人は、約3割

人の声で「火事です。避難してください」と

放送するとほとんどの人が動揺する

機械的な音声は、流暢

●流暢で聞きやすい言葉は、退屈に感じる

 

子供の集中力を測る実験

絵本を流暢に読み聞かせると子供は他のことを始めてしまう

たどたどしくてもお母さんやお父さんが

自分の話を思い出しながら話すと集中して聞く

人は、言葉の内容に耳を貸していない

●人は、話の内容より抑揚、熱、テンポの変化に反応して話に興味を持つ

(22)

防犯評論家:河合成樹によると

●小学生にスタンプ買ってあげるよと言って、裸の写真を送らせる手口がある

これは女の子だけでなく男の子も被害にあっている

小学生になるとスマホや写真が撮れる携帯を持っている

「スタンプ買ってあげるよ」や「電子マネーあげるよ」と

知らない人から送られてくる

大人の知らない子供たちだけがSNSで交流する場が存在する

 

ネットモラル評論家:小木曽健によると

●学校の教室で生徒のほとんどがマスクをしている場合、盗撮されている可能性がある

すぐ怒るなど面白い先生を盗撮し、ネットに投稿することで

いいねが集まって注目される

スマホを掃除道具ロッカーなどに隠して盗撮する

 

盗撮を知っている生徒は、顔バレしたくないためマスクをする

(31)

心理評論家:植木理恵によると

20歳で口の中に関心があるか?と子供時代の記憶の研究がある

 

子供時代に1人で歯磨きしていた子は、大人になると歯磨きをしなくなる

家族など皆で歯磨きをしていた子供は、大人になると歯に興味がある

 

●皆で歯磨きをした子供は、歯に関心を持つ大人に育つ

親に歯を磨いてもらうなどの記憶は、

子供の心を育てることが分かっている

(8)

教育評論家:尾木ママによると

●口腔崩壊の子供が増えている

 

子供の虫歯が10本以上あったり

未処置の歯が何本もある子供が増えている

 

1人でも口腔崩壊の子供がいる学校の割合は

小学校:39.7%、中学校:32.7%、高校:50.3%

 

歯科は予約が必要

時間や生活に余裕がない母子家庭が増えている

 

科学鑑定評論家:雨宮正欣によると

科学捜査研究所では様々な事件を取り扱っていた

首を絞められて窒息死で亡くなった被害者は、

赤血球が一部破裂し、首に近い歯が沈着しピンク色になる

●歯がピンク色した遺体は、窒息死した可能性がある

(11)

スポンサード リンク