イミダゾールジペプチド」タグアーカイブ

疲労評論家:梶本修身によると

●サラダチキンを食べると認知症予防になる

 

サラダチキンは、鶏のむね肉を使っている

その中には、イミダゾールジペプチドという成分が含まれている

国立の研究機関が高齢の人たちにイミダゾールジペプチドを

摂取させ続けると記憶に関連する脳の萎縮、

特に前頭前野を抑制したことが分かった

 

さらにイミダゾールジペプチドを定期的に摂取すると

脳の件間の炎症も抑制され、

加齢で低下する記憶力を改善することが分かっている

煮る、焼くの調理方法で出る煮汁に成分が一緒に溶けだしてしまう

 

心理評論家:植木理恵によると

●ビッグになる人の共通点は、夢を語る人

10年後、20年後の自分を明確に描けている人が、

夢を宣言することで成就しやすくなる

(330)

スポンサード リンク

疲労評論家:梶本修身によると

●現代人にうなぎは、夏バテ効果がない

 

江戸時代であればエネルギーもビタミンも

不足していたので夏バテ効果があったかもしれないが、

現代はエネルギーは不足して疲れる人はほとんどいない

 

夏バテは自律神経の乱れにより脳が疲れて起こる

食によるエネルギー補給よりも

規律正しい睡眠の方が夏バテには効果的

 

●夏の疲労に効果的な魚は、マグロやカツオ

マグロとカツオに含まれるイミダゾールジペプチドは、

自律神経中枢の疲れを癒す働きがある

(98)

スポンサード リンク