エール大学」タグアーカイブ

疲労評論家:梶本修身によると

●鼻の中を温めると風邪をひきにくくなる

冬に風邪をひくやすくなる原因は、乾燥、密閉空間などと考えられてきた

実は、寒さそのものが風邪をひきやすくさせていることが分かった

 

アメリカのエール大学のマウス実験

ライノウイルスをマウスに入れて、37度から33度に下げるだ

けでウイルスの増殖が急激に上昇することが分かった

体温は37度なので問題はないが、鼻腔内の一般的な温度は、約33度

鼻腔内はウイルスが増殖しやすい環境だった

マスク装着や暖房で鼻を温めることで風邪予防に効果的

 

生物学評論家:池田清彦によると

風邪の予防には、40~60%の湿度が良い

加えて窓を少し開けて換気するとよい

(13)

スポンサード リンク

武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部教授

アメリカ エール大学で約4年間 医学部研究員を務めた

 

近年話題のストレス解消に役立つ神経伝達物質GABAの原理を

約30年前にすでに発表していた

若き日の澤口が発表することは、

当時 ことごとく世間に認められなかったという

 

研究意欲に満ち溢れていた澤口の目標は、30歳までに本を書くこと

 

澤口は20代で書き溜めた脳の原理についての

原稿をあてもなく出版社に送りつけた

 

届いた原稿を見て、その難解さに戸惑った編集者は、

信頼している科学者に出版すべきかの判断を仰いだ

その人物の後押しもあり、30歳で初の著書が出版された

 

その科学者が、生物学評論家:池田清彦だった

(280)

スポンサード リンク