ケトン体」タグアーカイブ

疲労評論家:梶本修身によると

●緑茶を煎れる湯の温度は、60~65℃

60~65℃のお湯で煎れるとテアニンという甘み成分が出てくる

それ以上温度が高いとカフェインやカテキンなどが出て苦くなってしまう

玉露は60~65℃で1分間が理想

●糖質制限、ケトジェニックダイエットは危険

糖質制限すると糖が不足すると増えるケトン体が上がってくる

ケトン体が増えすぎるとケトアシドーシスという症状が発生する

それは、体が酸性に傾いた状態で

嘔吐、ヒドイ場合は痙攣を引き起こし、命にかかわることもある

●糖質制限しすぎると脱毛がひどくなる

通常摂取エネルギーの55%の糖質が必要だが、

糖質が摂取エネルギーの40%以下になると脱毛が増加する

さらに過剰な糖質制限は老化を促進し、寿命を短くする

 

腸活評論家:桐村里沙によると

●糖質制限すると脂が酸化した体臭になる

ケトジェニックダイエットは、元々てんかんの治療食

通常、不自然な食事でしかない

(38)

スポンサード リンク

生物学評論家:池田清彦によると

食べると頭が慣れる、食べるのを止めると空腹になる

その空腹は3年間続く

●3年間の空腹を絶えるとダイエットが成功する

 

●徐々に痩せるよりも急激に痩せた方が良いというデータがある

200人を12週間で急激に痩せるダイエットと

32週間の食事制限で痩せるダイエットに100人ずつ分かれて実験を行った

すると32週間の食事制限で痩せるダイエットの方がリバウンドが大きかった

急激に痩せるとケトン体が生成され、食欲を抑制する

(1093)

肥満治療評論家:工藤孝文によると

ダイエット中の女性の体臭が問題となっている

●糖質制限ダイエットをすると体臭が強くなる

 

糖質制限すると糖が入ってこないので脂肪からエネルギーを作る

脂肪からエネルギーを作る際にケトン体ができる

脂肪分解産物のケトン体がケトン臭を発する

 

肉類を多く摂取する糖質制限ダイエットは、

たんぱく質を町内で分解しアンモニアなどの刺激臭を作りやすい

(239)

スポンサード リンク