スキンケア」タグアーカイブ

美肌治療評論家:古市雅子によると

●スキンケア商品を買う際は、成分表の最初の表記が重要

薬事法で含有用の多い順に成分は表記されている

今自分に必要な成分を理解した上で購入することが大切

 

しかし含有量1%以下については、順不同でも良いとされている

1%以下についてはメーカーが書きたいものを先に表記している

この1%の壁を見破る方法がある

1%しか入っていない有名な成分がヒアルロン酸

ヒアルロン酸を1%以上入れてしまうとベタベタして使えない

あとは、コラーゲン、植物性エキス、コポリマー、キシリトールなど

これらよりも前に書かれているものは、成分量が多いことが分かる

自分に必要な成分が1%よりも多く入っている商品を選ぶとよい

(24)

スポンサード リンク

美容医療評論家:上原恵理によると

家ではすっぴんでいる方が、肌にとって良いと考えている人が多いが、

●家にいる時でも、すっぴんはNG

日焼け止め、保湿対策するのは、マスト

 

ただ、

●保湿やスキンケアは、すればするほど良いワケではない

皮膚は、ある一定以上のスキンケアをしてもあまり意味がない

角質水分量(肌の表面の水分量)は、

フェイスパックをしても ある一定以上は変わらない

長時間フェイスパックをしていると乾き始め、

保湿された皮膚の水分も吸い上げられ減ってしまう

(63)

スキンケア評論家:廣田朋子によると

●女性がニキビ対策に頻繁に顔を洗うのは意味がない

10代の皮脂がバンバン出る男子なら洗うべきだが、

大人の女性が頻繁に顔を洗うと肌のバリア機能を壊すことになる

角層が乱れて、毛穴の入り口が詰まる

それがきっかけでニキビを誘発する恐れがある

大人の女性は、1日2回の洗顔で十分

 

●10代のニキビ跡は、自己流でスキンケアせずに皮膚科に行くべき

ニキビ跡ができるのは、

激しすぎる炎症が起きた後にコラーゲン繊維が委縮して肌が凹むから

炎上しているときに適切な処置が必要

ニキビは潰さずに早い段階で皮膚科を受診したほうが跡が残らない

(182)

スポンサード リンク