天敵」タグアーカイブ

生物学評論家:池田清彦によると

カピバラは、ネズミの仲間で世界最大

カピバラの脳は、約70gと割と大きいが、頭が良くない

 

●目、耳、鼻が横一直線

水面から顔を出して敵を警戒しながら泳ぐ

 

●カピバラは臭いを消すために水の中で排泄する

陸上で排泄すると天敵に気付かれやすい

ジャガーやピューマなど天敵が多く、警戒心が強い

 

●昔 南米には体長3m 重さ1tの巨大なネズミがいた

(181)

スポンサード リンク

生物学評論家:池田清彦によると

 

集団で棲んでいるミーアキャットは、

生まれた子供をみんなで育てる

母親以外に育てるメスをヘルパーと言う

リーダー格のメスが子供を生むとヘルパーも母乳が出る

 

●ミーアキャットは、お腹を温めるために必ず太陽に向かって立つ

ミーアキャットの天敵は、ワシやタカ

天敵が来ないか、交代制で立って見張っている

 

●ミーアキャットは ヘビやサソリなど危険な動物を食べる

砂漠に棲むミーアキャットは、

乾季になると食べ物が無くなりヘビやサソリを食べる

サソリに刺されても免疫があるため死なない

必ず毒針のある尻尾から食べる

 

●ミーアキャットは子供にサソリの食べ方を教える

最初は死んだサソリを与え、次に毒針を抜いてサソリを与える

最後に普通にサソリを与える

(181)

スポンサード リンク