婚活」タグアーカイブ

ウェブマーケテイング評論家:河井大志によると

●結婚でネット検索するのは、土日が多い

週末一人で過ごし、寂しくて検索、

または週末を過ごしたカップルが結婚を考えて検索していると考えられている

 

●離婚でネット検索するのは、月曜が多い

他の曜日と比べて、月曜は、7%も高かった

週末 夫婦で過ごしたところ、嫌気が差したと考えられる

 

●婚活サイトの登録は、日曜日がオススメ

日曜日は新規の登録者が多いため

さらに、

●婚活サイトの登録者は、お盆や正月明けに急増する

帰省した際に身内に結婚を勧められ登録する人が増加する

(12)

スポンサード リンク

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●花火デートした婚活カップルの9割が結婚している

 

婚活カップルのその後を調査したところ、

9割以上が結婚に至っていた

 

暗い夜に人混みで手をつなぐ行為は、

自分を守ってくれるという感覚を

感じるのではないかと考えられている

(297)

ホンマでっか!?TVで紹介

男は何も分かっていない

 

西オーストラリア大学によると

●行き遅れる女性は遺伝子で決まっている

 

西オーストラリア大学が学生150人のDNAを調査

 

彼がいる女性のDNAは、いない女性のDNAと明らかに違っていた

 

彼氏がいる女性の遺伝子配列は非常に変化に富む傾向がある

 

それゆえ女性は男性に好かれ易く経験人数も多い傾向

 

研究段階で結論は出ていないが

性的魅力が婚期に関係する可能性がある

(288)

ホンマでっか!?TVで紹介

知らないと損!男と女のウラ常識

 

イギリスの新聞「ガーディアン」によると

●シンデレラを読み過ぎた女は将来、破滅的な恋に陥り易い

 

夫や彼氏に虐待を受けた67人の女性のうち61人は

愛情で相手を変えられると思っていると云うデータがある

 

その女性たちはシンデレラに思い入れがある

シンデレラは虐待され得も最後は王子様が助けてくれる物語

虐待されてもされても、いつかは私に救いの手があらわれる、

とDVに耐えてしまう

 

児童文学の専門家からは反対意見も少なくない

 

脳科学評論家:澤口俊之いわく

●ロマンチックな人は結婚できない

異性に惚れるシステムは恋愛の内在モデル説が有力

あらかじめ脳の中にモデル(理想の彼氏や夫)を作り、

脳が視覚野に影響を与える

自分のモデルに合わない人は弾いてしまう

●脳内の理想と違う人は無意識に敬遠する

年齢に伴い脳内の理想は高くなる

無意識に相手を敬遠する傾向となる

王子様を待つ女性は理想が高い為、脳が敬遠する

(322)

ホンマでっか!?TVで紹介

 

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●20~30代の女子の間でリサイクル恋愛が流行

 

リサイクル恋愛とは元彼氏、元彼女との復縁の事

25~34歳の男性は4人に1人が復縁経験アリ

復縁した人の3割以上は復縁後3年以上も長続きする

 

●20~30代女子の55割が復縁している

 

出会うきっかけが、ここ20年で職場、学生からの知り合いが増加

逆に街中で知り合うナンパなどの出会いが減少している

 

ナンパのように知らない男性は女性が身構える傾向があり、

出会っても成立しない事が多い

 

女性が36歳から出会って結婚に至る人は、

結婚するカップル全体の4.6%しかいない

 

●36歳以降に出会って結婚する確率は4.6%

昔の恋人と復縁する方が結婚までいく可能性が高い

(317)

スポンサード リンク