浮気」タグアーカイブ

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●男性は経済力が落ちると浮気を始める

 

コーネル大学の研究

パートナーの女性より年収が少ない男性の方が浮気率が高いことが分かった

 

男らしさを稼ぐことで示せないため、浮気をすることで見せようとする

 

夫婦の年収差 家計全体の70%を稼いでいる男性が、最も浮気しなかった

70%を超えると浮気するようになる

(89)

スポンサード リンク

心理評論家:植木理恵によると

●浮気で女性に謝るとき、まばたきをしない男性は罪悪感がないことが分かっている

 

通常、罪悪感や焦りがあるときは、

まばたきの回数が多くなる

 

しかし反社会的人格者は、尋問中、

普通の人のまばたきの回数の1/20しかしていなかった

 

まばたきの回数と心の中の罪悪感や焦りは、反比例する

(73)

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●浮気がバレないようにカラコン機能を使う人がいる

捜査で瞳の奥の映り込みで、実際に検挙されている

探偵社も浮気などの調査で

サングラス、窓ガラス、花瓶の映り込みを見ている

 

そこで映り込みしないカラコン機能で写真を盛った上で

SNSにアップする不倫カップルがいる

 

●Wi-Fiかまかけで浮気を見つける女性がいる

一度つないだWi-Fiは、そのあと自動で接続される

夫には何も知らさず「お友達がいるからマンションに行こう」と誘われた

Wi-Fiは家の中に入らなくても扉の前に来たら繋がる

妻は「ここでWi-Fi繋いでみて」と夫に言う

(72)

マーケティング評論家:牛窪恵によると

カップルのどんな姿を見るとバカップルだなと感じるか?のアンケート調査では、

ダントツ1位は、人前でベタベタする

 

アメリカのフロリダ大学が、4年間 新婚カップルを追跡調査によると

●ベタベタ、イチャイチャするカップルは、圧倒的に浮気する確率が高い

ベタベタした側も、された側も浮気する割合が高かった

ベタベタ・イチャイチャする人は、いつか自分は捨てられるんじゃないかと

パートナーの愛情に不安を感じている傾向があり

ベタベタされた側は、徐々に重たく感じ、違う自分を演じるようになる

 

法律評論家:堀井亜生によると

●ベタベタしたい男性は、浮気性

人前でベタベタするのは、相手への愛情表現ではなく

恋人がいることを人に見せたいと思う自己満足

 

●愛妻家な男性ほど外では あまりベタベタしたがらない

 

心理評論家:植木理恵によると

●女性は、ネガティブな記憶を一生忘れない

男性は女性がしたいことに合わせてあげた方が将来的に楽

(159)

先端医学評論家:一石英一郎によると

●浮気をする人は、芸術や音楽の才能がある

浮気遺伝子:バソプレッシン受容体の変異が発見された

バソプレッシン受容体が変異を持つ人は、浮気しやすい

その浮気遺伝子を持つマウスは、音に敏感だった

浮気遺伝子を持つ人は、芸術や音楽の才能がある人が多い

さらに浮気遺伝子を持つ人は、せっかちな人に多い

 

印象評論家:重太みゆきによると

●目が細い人は、40代半ばから どんどん若返る

たくさんの写真を並べて、

何歳何歳と答えてもらう実験をすると

40代半ばで若く見える人に、目が細い人が多かった

目が大きい人は、目尻や目の下にシワができやすい

●目が細い人は、笑ってもシワができにくい

(83)

スポンサード リンク