男性ホルモン」タグアーカイブ

経済評論家:門倉貴史によると

●商品の思い出も買い取るサービスがある

エブリデイゴールドラッシュという

商品の思い出も査定額に上乗せして買い取ってくれる

 

認知科学評論家:中野信子によると

●高価な物を身につけると男性ホルモンが出る

高価な物を身につけているだけで男性ホルモンが出るので

使ったり身につけたほうが良い

 

高級車に乗っている人と大衆車に乗っている人の男性ホルモンを比べた実験がある

男性ホルモンは高級車に乗っている人の方が高かった

ブランドの価値を認知してないと男性ホルモンは分泌しない

(16)

スポンサード リンク

疲労評論家:梶本修身によると

夜型人間は、男性ホルモンが多い

朝型人間より彼女を作りやすいというデータがある

●夜型人間は男性ホルモンが多く彼女を作りやすい

シカゴ大学が501人の修士学生を対象にした研究では

夜型男性は交際人数が多く、長続きしない傾向にあった

 

ニューヨークのビンガムトン大学の研究では、

旅行好き、冒険好きな人は、

反復配列の多いDRD4遺伝子を持っていることが分かっている

DRD4遺伝子を持つ別の特徴が、常に新しい刺激や出会いを求める

(83)

心理評論家;植木理恵によると

●規律に実直な人はダマされやすい

10回やり取りする人であることを刷り込ませた後

11回目のメッセージを打ち、返信があっても返さないと

規律に実直な人はずっとその人のことを考えてしまう

と規律に実直な人は、心理操作されやすい

ハニートラップの実験では、平均6回

6回気持ちよく応対し、7回目に冷たくあしらうと几帳面な人は引っかかる

 

パーソナルスペースを広くとらないと気が済まない人は少なからずいる

●人は目を合わせられると距離を縮めにくくなる

距離が近い人から目をそらすと理由が気になり近づいてきやすい

 

認知科学評論家:中野信子によると

●男性ホルモンが高い人は、周囲への警戒心が高く一人を好む

さらに男性ホルモンが高い人は、女性を性的パートオナーとしてみている

(58)

唐辛子評論家:渡辺達夫によると

唐辛子のカプサイシンは、内臓脂肪を減らす作用がある

 

また

●唐辛子は胃潰瘍の原因になると言われていたが、その逆であることが分かった

少量の唐辛子は、胃酸分泌を抑え、胃潰瘍を予防する効果がある

しかし唐辛子を大量に摂取すると体に危険を及ぼす可能性もある

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●激辛好きは、男性ホルモンが高い

 

●激辛好きの女性は、痛みが好んでマゾっ気がある

(192)

生物学評論家:池田清彦によると

●雄ライオンは、たてがみが黒いほどモテる

アメリカの大学教授が、雄ライオンの模型で実験した

黒いたてがみ、茶色いたてがみを置いて、

どっちにメスが近づくか観察

すると9割のメスが黒いたてがみの模型に近づいたという

 

たてがみの長さは関係なく、黒さがモテることが分かった

調べると黒いたてがみのライオンは、男性ホルモン値が高かった

 

●ライオンは1日に50回も交尾する

交尾時間は20秒ほど

ライオンは妊娠しづらく生殖応力の高い雄が求められる

(1080)

スポンサード リンク