Category Archives: ●教育評論家:尾木ママ

教育評論家:尾木ママによると

子供嫌われる先生は臭いと言われている

 

子供への調査で分かった

嫌いな先生の理由の1位が、臭い先生

 

●嫌いな人は、臭くなくても臭く感じる

脳の偏桃体が作用して判断し、臭いと好き嫌いが連動

好きな人には、良いニオイに感じる (197)

スポンサード リンク

生物学評論家:池田清彦によると

●メールをすぐ返信する人は嫌われる

返信が早いとすぐ介さないといけないと感じてうざく思われる

 

教育評論家:尾木ママによると

嫌いな人には男女差がある

女性の場合は、たいしたことないのに派手な人を嫌うが、

●声のトーンが高い男性は、男性に嫌われる

声が高すぎると自信なさそうに聞こえるから (108)

教育評論家:尾木ママによると

●バンザイもできない子供が増えている

高齢者になると運動器が低下する

それをロコモ症候群という

 

昨今 現代っ子が、運動機能が低下傾向にあると

文部科学省が小中高校でロコモ症候群を調査することに

 

そのチェック方法が、5種類

1、両手上げ(耳につくまで両手を上げる)

できなかった中学生が11.2%も

 

2、片脚立ち(左右ともに5秒以上ふらつかずに立つ)

できなかった子が7%も

 

3、しゃがみ込み(かかとが上がらないようにしゃがむ)

できなかった子が、13.3%も

ある高校のクラスでは、しゃがめた子供が30人中1人だった

 

4、体前屈(膝を曲げずに指先を床につける)

できなかった子が、35.7%も

 

5、グーパー動作(交互にグーパーを出す)

できなかった子が、20.3%も

 

上記の5つのチェックのうち、

どれか1つでもできなかった中学生が約52%

 

乳幼児のハイハイや幼児期の外遊びの減少などが

要因ではと考えられている

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

グーパー動作ができないのは、脳の実行機能が弱い

脳の実行機能が弱いと、逆境に弱い人になりやすい

●日本は逆境に弱い人が増えている

折れにくい、折れても立ち直れる人になるには、

幼少期に危険な遊びをした方が良い

●子供の頃に危険な遊びをすると逆境に強くなる

安全な遊びばかりしていると危険回避能力などが身につかない (279)

教育評論家:尾木ママによると

●日本人男性は、世界で最も家事に非協力的

男性の1日の平均家事労働時間

日本は62分、ノルウェーは184分

日本人女性が家事に費やす時間は、1日平均299分

男性の約4.8倍

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●欧米では家事をする男性の方が出世する

 

家事をすると衝動的怒りが少なくなる

●家事をするとキレにくくなる

欧米では一度の衝動的怒りでクビになってしまう

パートナーと家事をすることで

セルフコントロールが上手になると考えられている

さらに子供に対しても良い影響があることが分かっている (53)

マーケティング評論家:牛窪恵によると

オーストラリアの研究では

●ぽっちゃり体型は、母親ではなく父親に似る

8歳~9歳の子供3800人以上を調査

母親が標準的な体型でも父親が肥満体型だった場合、

子供が肥満体形になる確率が高くなる

 

母親だけ別のモノを食べているせいではないか?との考えもある

 

教育評論家:尾木ママによると

近視でない両親と比べて、

親のどちらかが近視の場合、2倍

両親が近視でメガネをかけている場合、5倍

●両親が近視の場合 子供は5倍 近視になりやすい

 

●小学生の約30%が近視になっている

近視になるのは、遺伝の要素もあるが、環境要因もあると考えられる (303)

スポンサード リンク