新型コロナの流行で悪夢を見る人が増えている

認知科学評論家:中野信子によると

パンデミックドリームと言われている

●日中刺激が足りないと悪夢を見やすい

歯が欠ける夢は、健康に不安がある時によく見ると言われている

ビルから飛び降りる夢は、新しいチャレンジがしたいけど、

できるかどうかわからない、仕事関係での悩みを抱えているのでは

眠りが浅いレム睡眠の時に夢を見やすい

眠る前に体を疲れさせておいた方が、悪夢を見なくなる

 

生物学評論家:池田清彦によると

一番ヤバいのは、殺される夢

●殺される夢を見て、本当に死んでしまう人がいる

 

疲労評論家:梶本修身によると

●寝室を寒くすれば悪夢を見にくくなる

寒いときは、悪夢やストーリー性のある夢は見にくくなる

レム睡眠中の優先順位は、

1、呼吸や体温調節などの生命維持

2、記憶の整理

3、夢を見る

部屋を寒くしておくと体温調節に忙しく、夢を見る余裕がなくなる

(24)

スポンサード リンク

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●働く女性の約4割がヒゲに悩んでいる

オンライン化で女性がどんどんオス化していく

新型コロナで消費が減った10位までの5つが化粧品

外出しない、マスク着用、オンラインではいくらでも盛れる

 

美容医療評論家:上原恵理によると

●レイザー脱毛したのに毛が濃くなる硬毛化現象がある

レーザー脱毛は、レーザーで毛の黒い色素に反応し、

熱が発生させて毛根を破壊する

しかし産毛は、毛の黒さが足りず、毛根がレーザーで逆に活性化して、

硬毛化現象が起きるのではないかと考えられている

(18)

肥満治療評論家:工藤孝文によると

●マスク生活でヒゲが濃くなるワケ

マスクの摩擦によるダメージを軽減しようと毛が生えた可能性が高い

 

さらにストレスが、ヒゲが生える原因になっている

ストレスを感じると自律神経が乱れ、

ストレスホルモンが多く分泌される

ストレスホルモンは、男性ホルモンと似た作用があるため

ヒゲが映えた可能性も考えられる

 

●女性のヒゲ予防は、キャベツの千切りが効果的

ストレスホルモンを減らすには、

ダンスなどのリズム運動をしてセロトニン(幸せホルモン)を増やすこと

でもダンスはなかなかできない

キャベツの千切りをリズムよくやるとセロトニンが増えると言われている

さらにキャベツを食べることで、

女性ホルモンを増やす栄養素ボロンも摂取できるためヒゲ予防になる

(96)

生物学評論家:池田清彦によると

●コロナウイルスは、1~5個吸い込んでも発症しない

ウイルスや細菌には、最小発症菌数、

いくつ体内に入ったら感染するか?の最小数が決まっている

 

最も少ないのは、ノロウイルスで約100個で感染

健康な皮膚に付着しても感染はしない

必ず手洗いの徹底が大切

 

疲労評論家:梶本修身によると

●鼻の穴を消毒液で消毒するのは危険

鼻の中は、肌と違って敏感で柔らかい

そこに消毒液をかけると見に見えない傷がつく

その傷口からウイルスが入り込む危険性がある

鼻をかむと掃除の効果がある

 

●鼻毛を抜くと、その毛穴から感染しやすい

鼻毛は露出した分だけカットするのが好ましい

 

●体毛の中で最初に白くなるのは、鼻毛

頭髪の白髪が出始めるのは、35~40歳

鼻毛の白髪が出始めるのは、30代前半

鼻毛の白髪は、30代のエージングマーカーと言われている

(23)

AI・IoT評論家:伊本貴士によると

●ボタンに直接触らずに操作できるシステムがある

 

空中にあるタッチパネルを押して操作する

横から見ると何もないところを指で操作

 

アスカネットの特殊なプレートASKA3Dを使った空中結像技術

 

https://aska3d.com/ja/use.php

 

赤外線センサーで指の位置を認識している

一切触らずに操作できるので、今後ATM、券売機、

店の注文などに導入される可能性がある

(35)

スポンサード リンク