AI・IoT評論家:伊本貴士が紹介

●液体を粉末にした粉末醤油

金沢の創業190年以上の直源醤油醸造が開発

サラダなど通常の醤油だと流れてしまうが、粉末だと絡みやすい

金沢は外国の観光客が多いため、ヨーロッパにも出荷している

スパイス感覚で持ち運びできる

 

若者文化評論家:原田曜平によると

●パウダー化現象は、世界的に進んでいる

マルコメがミランダ・カーと一緒に商品開発したみそパウダー

味噌が健康に良いと海外でも注目されているが、

ぐちょぐちょな味噌は海外の人は得意ではない

パウダー化で外国人に好評を得ている

 

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●コオロギを粉末にした粉末コオロギ

たこ焼きにかけると美味しいと言われている (0)

スポンサード リンク

AI・IoT評論家:伊本貴士が紹介

●シートになったハチミツ ハニーシート

「ハニーシート密な味」

バターとハチミツを染み込ませた寒天のシート

食パンに乗せて焼くとシートが溶けて

簡単にハニートーストが食べられる

 

●野菜をシートにしたベジート

大学と機械メーカーが共同で開発

廃棄される予定の野菜を再利用している

水に濡らすと柔らかくなり、巻き寿司の海苔の代用として使用できる

開封前なら2年間保存が可能なので保存食としても利用可能

 

●かまぼこをシートにした ととしーと

キャラ弁を作りたい客が、かまぼこの皮と呼ばれる部分だけが欲しいと要望があったため商品化した (0)

先端医学評論家:一石英一朗によると

ラムやマトンには、カルニチンが豊富

カルニチンは、脂を燃やして温める作用がある

●羊肉は冷え性やダイエットに効果的

羊は主に寒い地域で生息し、自ら脂肪を燃焼させ保温している

 

●牛ロースはテストステロンを分布させるのに効果的

 

●女性を口説くなら牛ロースを食べると良い (0)

脳科学評論家:澤口俊之によると

●脳科学的には、ワニの肉がオススメ

人類は、200万年前からワニ肉を食べていた

鳥類の起源は恐竜類、ワニも恐竜と近縁なので鶏肉に近い

 

生物学評論家:池田清彦によると

人間が肉を食べるようになったのは、250万年前

肉を食べるようになったのは、脳を大きくするため

脳の成分は、不飽和脂肪酸(アラキドン酸やDHA)

不飽和脂肪酸は、肉に多く含まれている

●人類は肉を食べ始めてから脳が大きくなった

肉を食べ始める前の脳容量は、450㏄でチンパンジーより少し多い程度だった

肉を食べるようになって脳が急激に大きくなり650㏄のホモ属が誕生

ホモサピエンスは1350㏄

農耕を発明し、肉をあまり食べない生活になってから人類は太るようになった

 

穀物だけで必要なアミノ酸を摂ろうとしてカロリー過多に (0)

骨格筋評論家:岡田隆によると

●全人類にとって最強の肉は、鶏むね肉

1、太りにくい

2、死なない

3、疲労回復効果がある

 

●鶏むね肉は、がん、心筋梗塞、脳卒中のリスク要因にならない

肉の食べすぎは、体によくないが、

鶏むね肉には、そういった報告はない

 

鶏むね肉は、低資質で低カロリー

 

1日のたんぱく質摂取量の目安は、体重1㎏あたり1g

鶏肉100gあたり、たんぱく質は20~25g

朝昼夜で100gずつ食べると良い (0)

スポンサード リンク