生物評論家:池田清彦によると

ウズラの卵とニワトリの卵の成分は少し違う

ウズラの卵には、オボムコイドという物質が入っている

オボムコイドは、人間の腸内にある物質と親和性が高い

鶏卵アレルギーの人でもウズラの卵だと反応が起きにくい傾向がある

●ヨーロッパではウズラの卵でアレルギー症状を緩和させている

風疹のワクチンなどには、

アレルギー反応を起こしづらいウズラの卵を使用することもある

 

●からしを食べると がんになりにくい

からしには、シニグリンという物質が入っている

シニグリンは、体を温めたり、気分が良くなる効果があるが、

がん細胞をアポトーシス(自殺)させる作用があることが分かった

アポトーシスとは、細胞が自殺する、プログラムされた細胞死のこと (0)

スポンサード リンク

食物学評論家:佐藤秀美によると

●しいたけは冷凍した方が旨味が倍増する

 

しいたけは細胞を破壊することで

酵素の力で旨味成分が作られる

 

しいたけを薄切りにして冷凍すると旨味が倍増する

 

しめじやなめたけなど多くのきのこは、

冷凍して細胞を破壊すると旨味成分が倍増する (0)

心理評論家:植木理恵によると

●夫婦喧嘩をキチンと着地させないと子供の教育に良くない

夫婦喧嘩を始めて、うやむやな結果のまま、

次の日ケロッとしている夫婦の子供は、話し合いや喧嘩を学べない

コミュニケーションを着地させるために、

気まぐれな言葉の言い合いではなく

考えの交換をすることを子供に見せるべき

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●ハスキーボイスの女性は、浮気をしない傾向がある

高い声の女性は、魅力性が高く見られ、男性から口説かれやすい (0)

心理評論家:植木理恵によると

ヒラヒラしたもの、揺れるイヤリングは、

女性同士では好評だが、

●ヒラヒラした服の母親の子供は、いじめられやすい

 

フェミニンな格好をしていると大人には信用されるが、

子供は母親に女性が見えることを生理的に嫌うもの

 

そんな母親の子供は、

いじめのターゲットとして狙われやすい (199)

認知科学評論家:中野信子によると

子供に質問されて困ることは多いはず

●子供の質問には、逆に「お母さんに教えて」が良い

お母さんは教師ではなく、子供の勉強の進行管理役

「お母さんに教えて」で子供の学習がより深まる

 

物理学者のシュリーファーは、子供の頃、お母さんを質問攻め

「お母さんに教えて」と大学生まで母親から言われ続けた結果、

後にノーベル物理学賞を受賞した

教えられるより教える方が、記憶の定着が強い (85)

スポンサード リンク