●自分の体から取った脂肪を顔に入れ、ハリを出す

脂肪吸引の名医:大橋昌敬によると

年をとってくると顔の脂肪は落ちてくる

脂肪を注入して若い時の立体に戻す

脂肪注入すると幹細胞により肌つやもよくなる

本人の脂肪でないと拒絶反応が起きやすい

●中年太りの腹を脂肪吸引でシックスパックにする人が急増

 

目の名医:福田慶三によると

●鼻の下を1㎝短くしたい若者が急増している

 

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●空港で整形した人をAIが顔認証できないトラブルが起きている

整形手術の証明書を持参しないと出入国できない場合もある

●あばら骨と耳の軟骨を鼻に移植する整形がある

さらに他人や亡くなった人から提供された軟骨を使う整形手術もある

(15)

スポンサード リンク

●プチ整形のリスクは、プチではない

プチ整形の合併症を治すのは、全然プチでは済まない

鼻先を高くするプチ整形オステオポールは、

まれに鼻先の皮膚にめり込んで痛くなるケースもある

それを治す場合、軟骨や筋膜を移植する必要がある

 

目の名医:福田慶三によると

ヒアルロン酸を入れすぎて、膨らみすぎるなど失敗はある

さらにヒアルロン酸が血管に入ることも

目の方に流れて視野が狭くなった症例もある

 

プチ整形で簡単と思ってもリスクはある

(18)

心理評論家:植木理恵によると

自宅にいると表情が乏しくなる

顔の造作よりも顔の表情の方が、

人を好きになったり嫌いになったりすることに

大きく影響することが分かっている

 

●人は顔の造作より表情を好きになる

15歳から25歳の日本人、韓国人の4800人を対象に調査

「恋人の顔のどこが好きですか?」

のきなみ答えるのは、表情についてばかりで

造作について答える人は少なかった

(10)

●自宅でできる美容整形アイテムは、実は超危険

 

胸の名医:上原恵理によると

コロナ渦において、おこもり美容と称し、

自宅で色々な美容をチャレンジする人が増えた

美容クリニックで扱うような技術を要するものが購入可能なので危険

 

顔にゴリゴリする針が出てくるペン型の器具は毛穴に効果があるが、

器具が清潔に保っているか、正しい使い方がされているか?が問題

一時は毛穴が小さくなるかもしれないが、

20年後にしわの原因になる可能性も考えられる

(15)

AGAの名医:長井正寿によると

●植毛は健康的な毛根を移植するので髪は伸び続ける

手術は痛くなく、99%の患者が寝ている

眉毛、もみあげ、ヒゲも植毛が可能

体毛を頭髪として植毛することも

髪の毛を眉毛に移植すると1、2年は髪の毛のように伸び続けるが、

あるタイミングで眉毛であることに気づき、伸びなくなる

移植された毛は、その部位に順応する

1株900円

 

●おでこの生え際がはっきり見えないとAGAの疑いあり

AGAにより軟毛が増え、地肌が見えやすくなる

初期段階でAGAと分かれば、植毛前に薬で治療できる

AGAは進行性のため薬をやめると再び薄毛になる可能性が高い

(47)

スポンサード リンク