心理評論家:植木理恵によると

恋の定義は、最初に異質性に憧れ、その後 自分と同じ部分を探していく

最初は同質性を感じ、その後 違う部分を含め好きになると心理学で愛になる

●好きは、長所を好き、愛しているは、短所も好き

 

●異性の魅力的に感じる部分は、男女に違いがある

女性は、男性の関係性、所属から魅力を推測する傾向がある

例えば、ジャニーズのグループのダレダレというように関係性と所属から推測する

 

男性は、女性の順番をつけて分類し、魅力を判断する傾向がある

例えば、アイドルグループの選挙のように順番をつける

 

男性を意識するのが上手い女性は、常に自分が輝ける位置にいる

他と比べ、自分が輝くポジションをとると男性の目にとまりやすくなる (0)

スポンサード リンク

最新ライフスタイル評論家:くどうみやこによると

ある保険会社が行った恋愛に関する都道府県別の意識調査によると

恋愛の相手に求めるものの問いに対し、

内面の良さを重視しているのが、全国で徳島県が1位だった

●徳島県の男性は、日本で最も相手の内面の良さを重視する

 

逆に外見を重視する1位は、新潟県だった

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

都会よりも田舎の方が、異性の魅力に対し、

身体的魅力性を重視しなくなる傾向がある

都会には人が多く、比較されやすためと考えられている (0)

食物アレルギー評論家:千貫祐子によると

●海でクラゲに刺されると納豆アレルギーになる危険性がある

 

クラゲの触手に含まれる成分と納豆のネバネバ成分は、

ほぼ同じ構造をしている

この現象は、湘南サーファーに多発している

 

●花粉症の人が果物・野菜アレルギーになりやすい

 

似たような構造でアレルギーが起こることを交差反応という

 

年を取ってから急に嫌いになった食べ物は、

アレルギーになっている恐れがある (0)

食物アレルギー評論家:千貫祐子によると

●露出の多い格好でキャンプに行くと牛肉アレルギーになる危険性がある

マダニは春~秋にかけて活発化する

気づかない間に噛まれる危険がある

マダニは噛む際に痛みを感じない物質を入れるので、噛まれた人は、何も感じない

 

何度もマダニに噛まれると牛肉アレルギーを発症し、

じんましん、最悪 死に至ることもある

 

マダニの唾液中のアレルゲンと牛肉のアレルゲンが、ほぼ同じ構造をしている

血液型B型、AB型は、ほぼ発症しない

 

マダニに効く成分が入った虫よけを使うのが、ベスト (3)

マーケティング評論家:牛窪恵によると

●花火デートした婚活カップルの9割が結婚している

 

婚活カップルのその後を調査したところ、

9割以上が結婚に至っていた

 

暗い夜に人混みで手をつなぐ行為は、

自分を守ってくれるという感覚を

感じるのではないかと考えられている (1)

スポンサード リンク