Tag Archives: テストステロン

心理評論家:植木理恵によると

●一人っ子を厳しく育てると自意識との葛藤で自己中になりやすい

 

甘やかされて育った一人っ子は、空気を読める大人になりやすい

●一般的な常識として注意しても自己中心的な人には響きにくい

自己中心的な人には、周囲からの見え方を指摘すると効果的

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●エゴセントリック(自己中心的な人)は脳的に違う

その特徴は、自分の欲しいものは、

どんなことをしても手に入れたがる

テストステロン(男性ホルモン)が高い人は、自己中心的になりやすい

 

●狭い所にいると自己中心的な性格が直りやすいというデータもある (188)

スポンサード リンク

脳科学評論家:澤口俊之によると

もみあげが薄い人は、テストステロン値が低い

協調性の高い女性は、

意地悪なことをしたり不公正なことをするもの

 

●もみあげの薄い女性は、意地悪しやすい

 

男性ホルモン(テストステロン)が

低い人は、公正さに欠ける傾向がある

 

男性ホルモンを高めた女性は、公正に振る舞うようになった

 

毛深い女性の方が、公正でリーダーに向いている

 

堀井弁護士は、弁護士になってから毛深くなってきたという (3025)

ホンマでっか!?TVで紹介

統合医療評論家:亀井眞樹によると

●気分が冴えない日はガッツポーズで絶好調に

スポーツ選手は両手を広げて喜びを表現する

朝 ガッツポーズを2分間すると1日絶好調に過ごせる

心が沈んでいると体がふさぎ込みがちだが、

ガッツポーズをすることで心が前向きに変化しやすい

 

認知科学評論家:中野信子によると

ガッツポーズをするとテストステロンというやる気ホルモンの値が上がる

逆に落ち込んだ姿勢をするとストレス値が上がり、本当に心が弱くなる (2405)

ホンマでっか!?TVで紹介

 

社会心理学評論家:古澤照幸によると

男性と女性ではキスの意義が違う

 

男性→キスで性行動に結びつく

女性→キスによって男性を選択している

●女性はキスで相手の唾液内のホルモンと自身の適合性を判断している

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●男性は女性にキスで唾液を渡す事で発情させようとする

女性は感受性が強いため

男性の唾液から自分に合っているかを評価する

男性は唾液を入れて唾液に含まれる

テストステロンなどによって相手を発情させようとする

 

●キスは一夫一婦制を維持するためにある

キスをする事で可愛く思っていなかった相手が可愛く思える

キスをする事でお互いの魅力性が高まり、浮気が避けられる (1467)

ホンマでっか!?TVで紹介

ダメ男の見抜き方

 

イギリスの新聞:メトロに掲載

●足のサイズがデカい男性ほど浮気しやすい

 

イギリスの出会い系サイトで3128人を調査

足が28.5㎝以上の人と足が25~27.5㎝の人を比較

すると足が28.5㎝以上の人の方が3倍 浮気しやすいかったという

 

さらに足29.5㎝の男性の22%が浮気願望を持っていたが、

足25㎝の男性の4%しか浮気願望を持っていなかった

 

足の大きいのはテストステロン値と関係している

 

●声が低い男性ほど浮気しやすい

男らしい体格の男性はテストステロン値が高く浮気しやすい (1028)

スポンサード リンク