薬の食後と書いてあるのは、飲み忘れを防ぐため

疲労評論家:梶本修身によると

大抵の薬においては

●薬を飲む食前、食中、食後にこだわるのは意味がない

ほとんどの薬は、食後に飲まなくても効果がある

医師から出される高血圧の薬は、よく朝食後と書かれているが、

医薬品の説明文書には、

毎日定期的に服用とだけ記載されている薬が多い

 

●薬の食後と書いてあるのは、飲み忘れを防ぐため

糖尿病など一部の薬には、飲む時間が大切な薬もある

 

●漢方薬は、空腹時に飲んだほうが良い

(206)

スポンサード リンク
スポンサード リンク