暴走族が消滅した

現代日本から消えゆくモノ

●暴走族が消滅した

80年代に一世を風靡した暴走族

2016年、兵庫県警は、5人以上で暴走行為を行うグループ、

いわゆる暴走族は消滅したと発表

理由として徒党を組みたくない、

上下関係の厳しさに耐えられないなど

現代の若者の特性によるものだと考えられている

 

●ハンコが無くなりつつある

1997年、押印見直しガイドラインが閣議決定

これにより履歴書など押印に重要な意味を持たない場合は、記名のみでOK

履歴書からは押印欄も消え、ハンコも減少傾向になっている

 

●スーパーからカリフラワーが消えた

1970年代まで食卓で人気だったカリフラワー

力養殖野菜のブームにより、

白色のカリフラワーから緑色のブロッコリーの人気が拡大

現在、品種改良によりオレンジ、紫、黄色のカリフラワーを生み出した (0)

スポンサード リンク
スポンサード リンク