小学校の授業から理科と社会の授業が無くなった

現代日本から消えゆくモノ

●小学校の授業から理科と社会の授業が無くなった

小学校1、2年生で理科と社会の専門知識を覚えるのは、まだ早いと

2つの教科が合体し、生活科という新しい教科が誕生

生活科とは、児童が商店街に行って社会の仕組みを学んだり、

植物を育てて理科に関する知識を得たりと、実体験を通して学ぶ授業

 

心理評論家:植木理恵によると

発達心理学の考え方で小学1、2年生の年代は、

分かるか、分からないかよりも

できたか、できないかに興味が強いことから生活科という教科が誕生した

理科は自然的に起きるもの

社会は人為的に起こすもの

この年代までは区別がついていない (0)

スポンサード リンク
スポンサード リンク