たった10秒でがんが判別できるペン型の装置を開発

先進医学評論家:一石英一郎によると

●たった10秒でがんが判別できるペン型の装置を開発

テキサス大学の研究チームが開発

瞬時に3000種類以上の代謝物を分析する技術で

ノーベル化学賞の田中耕一が発明した技術の応用

10秒間触れるだけでで瞬時に がん細胞かどうかを判断する

 

歯科医療評論家:伊丹太郎によると

●機械が勝手に歯の治療をする技術が開発された

アメリカで開発されたロボットは、

虫歯を削るだけでなく診断する技術まで開発されている

鹿児島大学が開発した歯科ロボットは、

全自動ではなく医者の補助的役割を果たす (0)

スポンサード リンク
スポンサード リンク