歯に極小センサーをつけることで何を食べたかを管理できる

歯科医療評論家:伊丹太郎によると

●歯に極小センサーをつけることで何を食べたかを管理できる

 

ボストン タフツ大学が開発

大きさは2㎜×2㎜

糖分、塩分、アルコール量など24時間体制でモニタリング

歯に取り付けることで摂取した食べ物を100%管理できる

 

管理する医師にデータを送信することで指導を受け、

病気の予防にもつながる (0)

スポンサード リンク
スポンサード リンク