針がない注射器が開発された

呼吸器評論家:大谷義夫によると

●針がない注射器が開発された

注射を毎日打たないといけない患者の負担を減らす

針がないので感染症などの医療事故防止にもつながる

 

疲労評論家:梶本修身によると

皮膚は0.7㎜間隔で痛みを感じるセンサーがついている

普通の注射器は、0.8㎜なので痛みセンサーに接触してしまう

針がない注射器は、0.04㎜のジェット噴流で薬を注入するので

痛みを感じることが少ない

アメリカでは すでに認可され実用化されている (0)

スポンサード リンク
スポンサード リンク