子供は悲しい時にチョコレートを食べたくなることが判明

2018年2月、アメリカ ミシガン大学が発表

●子供は悲しい時にチョコレートを食べたくなることが判明

 

4~9歳の子供 90名を集め、

ライオンキングの楽しい場面を見る群、

ライオンキングの悲しい場面を見る群、

ライオンキングの普通の場面を見る群の3つに分けた

 

その部屋にはチョコレートとクマの形をしたクッキー、

砂糖でキラキラにコーティングしたクッキー、

塩辛い魚の形のクラッカーを置いておき、子供たちが何を食べるかを実験

 

すると悲しい場面を見た群が、一番チョコレートを食べた

 

脳科学評論家:澤口俊之によると

●チョコレートに含まれる成分が感情を抑える

(86)

スポンサード リンク
スポンサード リンク