離婚の財産分与で「好きな物持って行っていいよ」は悲劇の始まり

法律評論家:堀井亜生によると

●離婚の財産分与で「好きな物持って行っていいよ」は悲劇の始まり

 

離婚の家財分担を夫婦で話し合っていると、

夫が格好つけて「好きな物持って行っていいよ」と言った

夫が仕事から帰ってくると家の中の何から何まで無くなっていた

夫は家財などを想定していたが、

妻は夫の私物まで全ての物を持って行った

新しい生活が始まった夫が、

ふとインターネットのオークションサイトを見ると

妻のアカウント名で確認すると

自分の私物やキッチン用品まで一つ一つの全てが売られていた

妻からもらった思い出の品もあり、

もう買えない物は落札して買い直した (0)

スポンサード リンク
スポンサード リンク