近視や乱視が治る目薬と暗闇が見える目薬が開発された

疲労評論家:梶本修身によると

近視や乱視を矯正する際は、大体 メガネかコンタクトだった

イスラエルでナノドロップスという目薬が販売された

●近視や乱視が治る目薬が開発された

光の屈折率を変えるナノ粒子を含んでいる

点眼すると角膜にナノ粒子が入り、

屈折率を変えて近視や遠視を矯正する

目の悪さにより、屈折率を変化させて矯正することができる

50㎝のあたりが見づらい人が点眼すると1m先まで見えるようになる

この目薬が進化するとメガネや

コンタクトレンズがいらない時代が来るかもしれない

 

●暗闇の中、50m先まで見えるようになる目薬が開発された

中にクロリンe6という深海魚の目から抽出した物質が含まれている

クロリンe6は、光の感受性を高める働きがあり、

点眼すると暗闇でも見ることが可能となる (0)

スポンサード リンク
スポンサード リンク