妻の筆圧が強すぎて浮気相手のラブレターを発見した夫がいた

法律評論家:堀井亜生によると

字にまつわる離婚裁判があった

 

夫婦、子供の3人家族

ある日、夫が妻の部屋に入ると手帳が開いてあった

開いてあったページには、筆圧が強く字を書いた跡が残っていた

跡のあるページを鉛筆でこすると

“あなたの子供は元気です。”と浮かび上がった

 

●筆圧が強すぎて浮気相手のラブレターを発見

 

子供はすでに20歳を超えている

自分と子供をDNA鑑定したら、自分の子ではなかった

 

子供の本当の父親は、夫の親友だった

 

夫は、これからも親子であることを望んだという

(37)

スポンサード リンク
スポンサード リンク