苦い薬が無くなりつつある

かつての薬は苦く飲みにくかったが、

最近の薬は飲みやすくするために様々な味付けを工夫している

●苦い薬が無くなりつつある

 

疲労評論家:梶本修身によると

昔は、特許を持っている製薬会社だけが薬を販売できたが、

特許が切れた後にジェネリック医薬品が販売されるようになった

 

同じ有効成分を含む薬が乱立するので、その中で競争が生まれた

その結果、味で競うようになり、薬がどんどん美味しくなっている

 

オレンジサイダー味のかゆみ止め、バニラチョコレート味の排尿障害改善薬、

抹茶風味の脳梗塞予防薬など

 

良薬は口に苦し が、当てはまる薬が無くなってしまいかもしれない

(24)

スポンサード リンク
スポンサード リンク