喫煙者は、死を意識すると禁煙しようとする

脳科学評論家:澤口俊之によると

憧れの人をイメージすると道徳、意思決定、

感情コントロールの脳領域が活性化する

●憧れの人をイメージするだけで人生が良い方向になる

 

●喫煙者は、死を意識すると禁煙しようとする

昔は死を考えるとダメな方向に向かうと考えられていたが、

現在は、死を考えた方が、その後の人生が良くなると考えられている

例えば、がんを治そうと思っていなかった患者が、

死を考え始めると がんの治療に入る

 

他にも、死を考えると利他的になる、親切になる

●死を意識すると親切な行動をしやすい

死を意識し、健康を気にすると相手にも親切になれる

 

お墓に行くだけでも死を意識する

●お墓に行った後、約40% 利他性が高まる (0)

スポンサード リンク
スポンサード リンク