喉のケアには、マシュマロを食べる

疲労評論家:梶本修身によると

●喉のケアには、マシュマロを食べる

マシュマロの語源は、原料となったアオイ科の

ウスベニタチアオイの英語名、マーシュマロウ(marsh mallow)

マーシュマロウの根は、粘液質の高いデンプン質

それをメレンゲに溶かすと美味しく、粘液質が喉の潤いに効果的

 

現在は、マーシュマロウではなく

ゼラチンを使ってマシュマロを作っている

ゼラチンも粘液質のため、喉の潤いに効果的

 

気象病評論家:久手堅司によると

●タオルを使って首を伸ばすと喉のケアに良い

現代人は長時間のパソコン・スマホの使用で首が前に出ている姿勢になっている

首が前に出ている姿勢は、自律神経が乱れやすく様々な身体の不調の原因となる

1、タオルを両手で持ち、耳の下あたりに当てる

2、タオルを斜め上に引っ張り、首を後ろに倒し、30秒ほど引っ張り合う

3、タオルを斜め下に引っ張り、首を逆の方向に持ち上げ、30秒ほど引っ張る (0)

スポンサード リンク
スポンサード リンク