夏から秋にかけて、1年で最も創造性が上がる

心理評論家:植木理恵によると

男女ともに夏は創造性が下がるが

●夏から秋にかけて、1年で最も創造性が上がる

 

夏が終わる切なさ、秋が始まるうれしさ、

その両方の相反する気持ちが

矛盾を解決しようと表現することで創造性が上げる

 

●昔の芸術家は引っ越しが多い

江戸川乱歩は46回、葛飾北斎は93回、

ベートーベンは79回 引っ越ししている

 

別れの寂しさと出会いのときめきの相反する感情を得て

芸術性を得たと考えられている (0)

スポンサード リンク
スポンサード リンク