歯周病菌増加で認知症のリスクが高まる

脳科学評論家:澤口俊之によると

●歯周病菌増加で認知症のリスクが高まる

口の中の歯周病菌が、脳に行ったことになる

 

通常は菌が脳に侵入しようとしてもバリアで食い止める

 

歯周病菌はあるタンパクを出して、バリアを突破する

そのタンパクは、神経細胞を破壊することが分かった

それによって認知症の症状が早まる (0)

スポンサード リンク
スポンサード リンク